確定申告前にやっておきたい!国民年金控除証明書を再発行する方法


国民年金控除証明書を再発行 したいんだけど!

どうも、Linです。パスモ、どこですか。

 

毎年11月頃になると、国民年金の支払い状況がわかる「国民年金控除証明書」というものが届きます。

この控除証明書は確定申告において重要な書類。

国民年金の支払いを証明する書類として添付してやれば、その証明書に記載されている金額を社会保険料控除で控除できるのです。

 

そんな確定申告で活躍する国民年金控除証明書ですが、1つだけ押さえておきたいポイントがあります。

それは、

1月1日から10月1日までの期間に支払った国民年金の金額しか反映されていない

ということですね。

 

国民年金控除証明書 再発行

 

会計年度残りの10月2日から12月31日までの支払いに関しては、この証明書には反映されていないわけです。

 

国民年金控除証明書 再発行

 

そのため、10月2日から12月31日に国民年金を支払った場合は、

控除証明書を再発行してもらわなければならないのですね。

国民年金控除証明書 再発行

何を隠そう、僕も2018年度は12月に駆け込みで国民年金をドバッと支払ったので、11月に受け取った証明書には2018年度に支払ったすべての国民年金支払い金額が反映されていませんでした。

しかも、オンラインのPay-easyで支払いましたので、領収書がなく控除証明書を発行してもらうしかなかったのです。

 

 

国民年金控除証明書を再発行する方法

ということで、確定申告前に正式な国民年金控除証明書を手に入れるために調査開始。

調べてみたところ、こちらの年金事務所の公式ページに次のように書いてありました

12月31日までに納めていただいた保険料は、今年の申告(控除)の対象となりますので、控除証明書の(1)納付済額((2)見込額がある場合は、合計額)に追加で納めた保険料額を合算して申告してください。申告の際は、11月にお送りした控除証明書と追加で納めていただいた保険料の領収証書を申告書に添える必要があります。
なお、領収証書をなくされた方やインターネットバンキングを利用して納めていただいた方につきましては、控除証明書の証明日以降に納めていただいた保険料を反映させた控除証明書を再発行することが可能ですので、お近くの年金事務所または「ねんきん加入者ダイヤル」へお問い合わせください。ご連絡をいただいてから、おおむね1週間程度で直近の納付実績に基づいた控除証明書をお送りいたします。

 

なるほど。

つまり、10月2日から12月31日までの支払いを反映させた国民年金控除証明書を再発行してもらうためには、

  1. 近くの年金事務所に電話する
  2. 年金ダイヤルに電話する

という2つの方法が用意されているわけですね。

僕はせっかくなので2つ目の「年金ダイヤル」に電話してみました。

電話番号は、

0570-003-004

ですね。

 

電話する際に用意しておくべきものは

基礎年金番号

のみ。

こちらは年金手帳に書いてありますので、お手元に年金手帳を用意しておくと良いでしょう。

 

ぼく
10月2日から12月の支払いも反映させた国民年金控除証明書を再発行してほしいですが

年金ダイヤル

わかりました。

名前・住所・生年月日・基礎年金番号を伺ってもよろしいですか


ぼく
はい。〇〇です

年金ダイヤル
ありがとうございます。

それでは最新の支払い状況を反映させた控除証明書を1〜2週間で発送いたしますので、もうしばらくお待ちくださいませ


ぼく
ありがとうございます。

よろしくお願いします

 

という感じで電話時間にしておそらく5分ほどで再発行の手続き完了です。

 

 

国民年金控除証明書は3日で届いた

1〜2週間かかると言われていたので油断して日々を過ごしていたところ、

なんと3日後に国民年金控除証明書が届きました笑

中を見てみますと、10月2日以降に支払った国民年金の金額が反映されていて、最新の支払い状況を確認できるようになっていました。

僕と同じように、10月2日から12月31日までの間にオンラインのPay-easyで国民年金を納付された方は、確定申告前に国民年金控除証明書を再発行しておくことをおすすめします。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる