難しいけどためになる!ProgateのJavaScriptコース(ES6)を100%終えてみた感想


ProgateのJavaScriptコースやってみた

先日、ProgateのJavaScriptコースを100%を終了することに成功しました。

progate javascript

ProgateのJavaScriptコースには

  • ES6
  • ES5

の2種類ありましたが、新しいバージョンはES6。古いバージョンがES5になっているようです。

プロゲートでも新しいES6を推奨していましたので、最新版ES6にチャレンジしてみました。

内容は割と本格的で、これまで勉強したことがない内容が盛り沢山。適度に難しくてやってみて本当に勉強になりましたね。

今日はこのProgateのJavaScriptコースの概要・体験談、感想を書いておきます。

 

 

ProgateのJavaScriptコース(ES6)とは??

先ほど申しましたように、ProgateのJavaScriptコースには2つあります。

中でも今回チャレンジした最新版のES6は、

2015年にリリースされた最新版のバージョン。

ただ、それ以前のES5の旧JavaScriptコースも残っているのでどちらか好きなコースを選べばいいと思います。ただ、Progateページ内で

ES6推奨

と書かれていたのでES6に挑戦してみました。

 

3年前にプロゲートを完全制覇した覚えがありましたが、その時にES5でも勉強したことがあったのですが、

ES5とES6は割と内容が違いました。

細かいところで言うと、変数の宣言の方法が「var」から「let」に変化していましたし、定数の宣言がこんなに出てこなかった気がします。

あと、内容も濃くなっていて、前回は「jQueryの繋ぎ程度」の位置づけだったのですが、ES6コースではJavaScript特有の知っておきたい事柄までカバーしてくれていて、解きごたえのあるコースでした。

 

コース内容はこちらの表を見てください。

コース名(ES6) 内容 予想時間(hour)
JavaScript Ⅰ 基本的な文法や変数・定数の使い方、条件分岐 2
JavaScript ⅠI 「配列」や「オブジェクト」 2
JavaScript ⅠII 「関数」の定義や呼び出し、「アロー関数」 2
JavaScript ⅠV クラス 3
JavaScript V 同じプロジェクト内にある複数のファイルの扱い方とnpmパッケージの使い方 2
JavaScript VⅠ 配列を操作するメソッド 1
JavaScript VIⅠ コールバック関数 1

やはり最新版のES6は、条件分岐・配列などのプログラミング基礎だけにとどまらず、

JavaScript ES6特有のコンテンツまで盛り込まれています。

  • アロー関数
  • クラス・オブジェクト・インスタンス
  • コールバック関数

などなど。

専門用語が多く出てくる分、若干難しく感じるかもしれません。

ただ、Progateのコンテンツは初心者でも分かりやすいように編集されているので心配ご無用。

僕はJavaScriptを本格的に触ったことがない初心者でしたが無事に100%完走できました。

 

学習スタイルはこんな感じです。

progate javascript

左にエディタ、右上にコンソール出力、右下に見本のコンソール出力が表示されています。

基本的にエディタにJavaScriptのコードを書いて、ファイルを実行し、コンソールに表示されたものが見本と一致すれば合格。次のレッスンに行けるのです。

 

ただ、編集するファイル数が少ない分ラクっちゃ楽。ファイル階層をいじることはほぼなく、1つのJavaScriptファイル「script.js」をおもに編集していきます。

いじるファイル数が少ない分シンプルでしたね。この前は制覇したRailsコースと比べると優しいと思います。

 

 

ProgateのJavaScriptコース(ES6)体験談

それではProgateのJavaScriptコースをやってみた体験談も書いておきます。

僕は

2020年1月7〜21日の2週間

で、1日30分ちまちまやって、

合計2時間23分

で制覇できました。

 

やはりこれまで勉強してこなかった新しい内容も登場して、やり応えのある内容でした。

当時の日記を振り返ってみても、

アロー関数撃破。なかなかむずいぞ

とか

オブジェクト、クラスを網羅。いやあ為になるね

とか

コールバック関数むずいな!いやあ、でも役立つね

と感想を述べていて「難しい」というキーワードがよく登場しているのが伺えます。

ただ、完全に弱音を吐いているのではなく、challenging but funのような適度な難易度でした。

このコースをやるためにはおそらく最低限、

HTML&CSS

の章はクリアしておくといいでしょうね。

 

 

ProgateのJavaScriptコース(ES6)感想

感想も書いておきます。

やはり「難しいけどためになった」というのが正直なところですね。

 

まず1つに「クラス・インスタンス・オブジェクト」という

オブジェクト指向のプログラミング言語では必須の考え方

をわかりやすく学べるのがいいですね。

理論だけでなく、実際にJavaScriptのコードを触りながら用語を理解できるのが良いポイントです。

 

あとは、今までにプログラミング学習をしていて分からずに飛ばしていた「コールバック関数」という用語を勉強できたのが収穫でした。

確か「RailsアプリでTwitterログイン機能を実装する時」に「コールバック」と言う用語が出てきたのですが、よくわからず無視していました笑

当時は素通りしていた用語でしたが、ProgateのJavaScriptコースで勉強してから

ああ、そういう意味だったのか

と納得できたのが嬉しかったです。

これはひとえにProgateのわかりやすいコンテンツで、かつ、短くステップを踏んで手動かせながら学んでいけるメリットの恩恵に他なりません。

ProgateのコンテンツはJavaScriptコースもわかりやすかったので、他のコースにもチャレンジしてレビューを書いていく予定です。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる