キュラーズのトランクルーム(0.8畳)を使ってみた体験談




トランクルームってどんな感じなん?

どうも、Linです。毛穴、見つけました。

 

海外移住する際にがっつり物を捨ててきましたが、どうしても国内に残したいものもありました。

椅子とかピアノとか自転車とかストレッチポールとかですね。あとは個人事業主の帳簿。

実家に保存でも良かったのですが、できれば拠点を東京にも持っておきたかったので、東京にあるトランクルームを探してみました。

いろいろ探してみたのですが、家の近くにも展開していた

トランクルームのキュラーズ

と契約。

無事にトランクルームに荷物をぶち込んできましたので、今日はその体験談を書いておきますね。

 

 

トランクルームのキュラーズを使ってみた体験談

トランクルームのキュラーズ を使ってみた話はこんな感じ。

 

下見&相談

契約前に下見&相談に行きましょう。

  • キュラーズ はどんな感じの施設なのか??
  • どういうトランクルームが残っているのか?

を自分の目で確認してみましょう。

 

下見&相談の予約は店舗検索して店舗ごとに申し込みますよ。

下見の時間を選ぶだけで大丈夫です。

詳しい個人情報は晒さなくても問題ありません。確か名前と電話番号ぐらいだったと思います。

 

このフェーズでは、

  • トランクルームの用途
  • トランクルームに入れたいもののサイズ

を相談します。

サイズによってぴったりのトランクルームを提案してもらえますよ。

 

トランクルームの値段は、店舗によって値段が異なるのですが、例えばキュラーズ 東新宿店だと次のような料金になっていますね↓

サイズ 月額料金(税抜き)
Box-1 ¥7,400
Box-2 ¥7,600
Box-3 ¥8,800
0.5畳 ¥14,500
0.7畳 ¥16,700
0.8畳 ¥19,500
1.0畳 ¥22,400
1.3畳 ¥25,000
1.6畳 ¥30,200
2.0畳 ¥37,600
2.5畳 ¥46,600
3.3畳 ¥56,900
4.0畳 ¥69,000
5.0畳 ¥83,300
6.5畳 ¥99,700

ぼくはイスとキーボードなどが入ればよかったので、1畳のトランクルームを使いたいと思っていました。

「どれくらいのものを入れたいですか?」

「たっ、たしか直径60 cmぐらいだったと思います汗」

みたいな感じで、うろ覚えで伝えたんですが、スタッフの方がフォローしてくれて、

「それでは、0.8畳のトランクルームで良さそうですね。実際に見てみますか?」

「はい!」

と実際にスペースを見せてもらうことになりました。

 

トランクルームをみてみる

スタッフと一緒にエレベーターで現地に行ってみます。

まず気が付いたのが、

おびただしい数の防犯カメラ!!

 

エレベーターにもカードキーが必要で、自分のフロア以外には入れないようでした。

(なんというセキュリティの高さ・・・・・!)

また、フロアには空調がかかっていて、真夏にもかかわらず涼しかったですね。

しかも、想像していたトランクルームとは異なり、清潔感がすごいです。

照明が明るいですし、ゴミひとつ落ちていません。

見学前は古めかしい倉庫を想像しちゃってましたからね。

 

さっそく、0.8畳の部屋を見せてもらったんですが、正方形に近い部屋でした。

僕がイメージしていたのは畳の形。

0.8畳といえど、本当に畳っぽい長方形かと思っていたので、若干ギャップがありました。

計測してみたら1辺1mぐらいの正方形ぐらいだったので、椅子も入りそうだったのでこれでもよかったですね。

ただ、もう一軒空いているということで、別の部屋も見せてもらうことに。

こちらはちょっといびつな形をしていました。

建物の構造上、ちょっと尖っていて、細長いものが入りそうなイメージでした。

この突起のおかげで、奥行きを感じたので、先ほどの正方形の部屋より大きく感じたのです。

とまあ、そんな視覚的な錯覚も相まって、このトランクルームに契約することにしました。

まずはこの部屋をキープして、1週間後に契約。

その2週間後にトランクルームを実際に利用開始する流れにしてもらいました。

 

契約する

僕がレンタルするトランクルームの月額料金は、

だいたい2万円。

それプラス「安心パック」保証プランが900円ぐらいなので、月額の合計が約21,000円でした。

 

初期費用は、契約した日が8月の半ばすぎだったので、8月の日割り料金と9月料金の、

(8月残り日割り費用)+(9月の費用)+(セキュリティカードキー発行費2300円)

=32,000円

を支払いました。

契約した時点で

  • セキュリティカードキー(建物に入る、エレベーターに乗るために必要)
  • 錠前の鍵(トランクルームを開けるために必要)

も渡してもらいました。

 

荷物を運び入れる

契約から2週間後にいよいよ利用開始スタートです。

一人一回使える無料シャトルバスを自宅に呼んで、キュラーズまで荷物を運んでもらいました。

無料シャトルバスで運んだのは、

タクシーで運べないぐらいの大きな荷物たち。

その他の細かい荷物はギリギリまで使って、出国前にトランクルームにタクシーで運び入れることにしました。

 

実際にトランクルームに荷物を運んでみたところ、

想像以上にたくさんの荷物を収納できて大満足。

なぜなら、キュラーズ のトランクルームは、高さが2メートル以上あるからです。

縦方向のスペースを活かせば結構広いのですよ。

「こんなにも0.8畳の部屋に入るのか・・・・!」

と驚いたくらいです。

 

  • 自転車
  • 椅子
  • ストレッチポール
  • ピアノ
  • 本棚
  • Google Home
  • 引き出し
  • シュレッダー
  • スキャナー
  • 裁断機

など、ぼくの財産のほぼすべてを詰め込めました。

 

英断だったのが、

本棚と引き出しをあえて捨てずに持っていったことです。

引き出しの上に本だなを載っけて、高さを出してものを収納できるようになりました。

キュラーズ のトランクルームの高さをフルフルに活かせたのです。

細々とした電化製品や書類はすべてこの本棚と引き出しにぶち込みましたね。

 

キュラーズ のトランクルームでは「2メートルという高さをどうやって生かすか?」が肝になってきます。

「いやいや、ラックとかねえし」

という方も安心で、現地でラックをレンタルできます。

確か月額1,000円ぐらいだったと思いますね。

現地で借りるのも全然アリです。

 

安心パックを解除する

荷物が運び終わったら、あと1つやることがありました。

それは、

安心パックを解約することです。

安心パックは、荷物を運び入れる時の保険で加入していたので、荷物の搬入が終わったら用なし。

しばらく海外に滞在するので荷物の搬入はなし。

ただ放置するだけのために安心パックをつけるのは勿体ないので解約することにしました。

これで月額1000円の節約になりますね。

 

 

さあ、トランクルームのキュラーズ に詰め込もう!

キュラーズ のいいところは、

セキュリティが高く、かつ、信用がいらない

ということ。

金さえ払えば使えるので、連帯保証人もいりませんし、サラリーマンじゃなくても大丈夫。

 

あと、トランクルームの縦のスペースが広かったのが良かったですね。

本棚やラックなどを活用すれば収納スペースが増えます。

まずはお近くのキュラーズを店舗検索で探してみましょう。

よかったらキュラーズを使ってみた感想も読んでみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。