【Rails基礎】link_toメソッドをボタン化して使う方法




link_toメソッドをボタン化させたい!

Railsアプリ制作で、link_toメソッドを多用しますよね。

基本的な使い方は以下の通りです。

第1引数に「リンクの文字」、第2引数に「リンク先のURL」を指定します。

<%=link_to("表示する文字", "URL")%>

これはこれで便利なのですが、

リンクを「ボタン化」できません。

どうしてもテキストリンクになってしまいます。

 

そこで、link_toをボタン化する時に使えるのが、link_toの別の書き方です。

それはずばり

表示する文字列をサンドウィッチする書き方

です。

 

引数を1つに減らし、その後ろにdoをつける「別の書き方」が存在しているのです。

ずばり、こんな感じ。

<%=link_to("URL") do %>
表示する文字
<%end%>

先ほどまで第1引数だった「表示する文字」をdoとendを引数のスタメンから外し、代わりにdoとendの間に挟むのです。

ボタン化したい場合、 doとendの間に、ボタンのHTMLコードを書けばいいのですね。

例えば次のようなコードです。

  <%=link_to("questions/new") do %>
    <button class="btn btn-secondary btn-lg" >質問を投稿する</button>

  <%end%>

リンク先がquestions/newで、doとendで挟まれたボタンのコードにリンクが宿ります。この例でいうと、

<button class="btn btn-secondary btn-lg" >質問を投稿する</button>

がボタンのHTMLコードですね。

これならば、ボタン化したリンクでquestions/newに飛ばせるようになるでしょう。

link_toメソッドをボタン化したい時は活用してみてください。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。