賃貸がホテルよりも安い理由〜賃貸契約とコストコの共通点〜




 

ホテル生活が8ヶ月に及ぼうとしていますが、ホテル生活を始めて気がついたことが1つ。

それは、

なぜ賃貸はホテルよりも安いのか?

の理由です。

 

賃貸で住むとなぜ住居費はホテル暮らしよりも安く済むのでしょうか。

ホテル暮らしは決して安い選択肢ではありません。

1日5,000円の格安ビジネスホテルで切り抜け続けたとしても、1ヶ月あたりの家賃を計算すると、

$$30×¥5,000$$

$$=¥150,000$$

となり、ひと月あたり15万円の家賃がかかりますからね。

賃貸で月15万円というと、住む場所にもよりますがなかなかいい物件に進めるお値段です。

 

それでは、なぜホテルよりも賃貸は安いのが一般的なんでしょうか?

僕が気づいたのは、

賃貸の場合は「連続宿泊数」が尋常じゃないぐらい多いから、という理由です。

 

仮に2年契約でアパートに進み始めたとしましょう。

2年きっかりで退去したとしても、1年は閏年でない限り「365日」なので、

$$2 × 365$$

$$= 730$$

つまり、「730泊」連続でその物件に宿泊するわけです。

 

一方、ホテルはというと、1泊から宿泊が可能。

いつでも好きなタイミングで住居を移せます。

 

このように考えると、賃貸は730泊連続で宿泊することを条件に、1泊あたりの費用を割引してもらったホテル、とも考えられます。

例えるならば、賃貸はコストコ。

ご存知の通り、コストコは、仕入れた商品を倉庫に置いたままダイレクトに消費者に販売する「ホールセール(wholesale)」。

日本語でいうと「卸売り」の業態をとっている大型スーパーです。

大量にある商品を買ってもらうことを条件に、商品1個あたりの値段を安く提供できるんです。

例えばこちらのコストコの水(500 ml)のペットボトルは、40本で1,948円。

カークランドシグネチャー スプリングウォーター 500ml x 40本

https://www.costco.co.jp/medias/sys_master/images/h2a/hbe/44192053461022.binより

1本あたり、なんと、

49円

という安さなんです。

さすがにコンビニやスーパーで1本あたりこの水の値段で提供はできませんよね。

 

それでは、なぜコストコの水の1本あたりの値段が安いのでしょうか?

それはずばり、まとめて40本も買ってもらえるからです。

そんだけ買ってくれるんなら、ちょっと安くしますぜ?というわけ。

 

これは賃貸も同じ。

なぜ賃貸がホテルよりも安いかというと、連続で730泊の契約をしているからなんです。

気が遠くなるほど連泊することを条件に、1泊あたりの値段を割引してもらっているのです。

 

こう考えると、単に月額の費用を抑えるために賃貸を選択する意欲はなかなか起こりません。

なぜなら、賃貸契約すると、安い月額費用で契約できますが、住む場所の自由を奪われてしまうからです。

一度契約したら、730泊連続で同じ場所に宿泊しなければなりません。

 

これが僕が一度始めてしまったホテル暮らしをやめられず、ズルズルと8ヶ月もしてしまっている理由の1つです。

賃貸契約するときは、

何を引き換えに、ひと月あたりの住居費用を安くおさえられているのか?

を胸に手を当てて考えながら決断したい、と思った今日このごろです。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。