検索上位を狙える!新しい時代の動画付与SEO とは?


新時代のSEOは動画を挿入する??

世の中には色々な SEO 対策が存在していますが、今回僕は試してみたのは

動画付与 SEO

という施策です。

この SEO 対策はいたって簡単。

記事中に内容説明した補足動画を添えてやることで、検索上位を目指す手法

になります。

 

 

この記事を読んではてなマークが浮かんでしまった読者や、文字を読むより動画をみたいというユーザーが動画を記事中で再生することで、

ページ滞在時間を引き延ばす

ことが目的。

これにより、

検索上位表示に必要なシグナルとなる「ページ平均滞在時間」という指標を向上させよう

という狙いがありました。

 

 

動画付与SEOの施策内容

僕は次のように動画付与SEOを試してみました。

検索順位はGRCで計測しました

 

対象となった記事

今回実験に使ってみた記事は「ウーバーイーツ の仕組み」の記事ですね。

この記事では主に「どうやってウーバーイーツというサービスが運営されているのか?」という裏側の仕組みについて、実際に配達に行ってみた僕が図解で解説した記事になります。

 

 

SEO キーワードは?

もちろん狙う SEO キーワードは

ウーバーイーツ  仕組み

でした。

Google Keywordプランナーで確認してみたところ、2019年7月には月間検索ボリュームが2400ぐらいある、まあまあ中堅のキーワードになりますね。

 

 

動画付与SEOの施策前の検索順位

この記事をパブリッシュしてみたところ、「ウーバーイーツ  仕組み」というキーワードで長いこと4位になっていました。

しかしながら、4位で全然動かず平行線が続いたので、何か秘策を打ってみようと思って動画付与SEOを試してみたのです。

 

具体的な施策内容

具体的に何をやったのかと言うと、記事の内容を説明する動画を After Effects で作ったということです。

そしてこの動画には音がないですし、完全にイラストの動きだけでウーバーイーツ の仕組みを説明しようとしました。

 

この作成した動画を YouTube にアップロードし、 YouTube の共有 HTML コードを記事の冒頭に挿入してみました。

また、それだけでは再生されない可能性もありましたので、記事の下に 動画のまとめ部分を GIF 形式で書き出したものを設置してみました。

さて、読者の平均ページ滞在時間は伸びるのでしょうか?

 

施策の結果

2019年の6月10日に動画をアップロードして試してみたところ、その9日後にいきなり4位から2位に順位が上がりました。

いきなりの順位変動があったので

「こ、これは行ける!」

と鼻息を荒くしていたのですが、ここからが長かった笑

 

2位という順位がくそ長く続いて、ようやく、先日2019年8月18日に「ウーバーイーツ  仕組み」というキーワードで1位を取ることができました。

 

 

 

動画付与SEOはページ滞在時間に影響を与えたのか?

試しに平均ページ滞在時間に変化があったのか見てみました。

期間 ページ平均滞在時間
2019/5/1〜31 5:22
2019/6/1〜30 5:00
2019/7/1〜31 5:53
2019/8/1〜18 6:06

まず施策実施前の5月の1か月の平均は5:22秒。

翌月の6月はちょっと下がって5分。

その1ヶ月後の7月は平均ページ滞在時間が約1分伸びて、5分53秒になりました。

 

そして8月に入り、8月1日から8月18日の間で確認したところ、6分6秒に平均ページ滞在時間がのびていました。

目標とする動画挿入によるページ平均滞在時間のを伸ばすという施策がはまり、結果的に検索順位も1位を取ることができました。

検索順位が上がったことによって、滞在時間が上がったのか?

滞在時間が上がったから検索順位が上がったのか?

は神のみぞ知るですが、目標としていた結果が出て、結果的に検索順位の1位を奪取できてハッピーハッピーです。

SEO業界は盛者必衰なので、いつひっくり返されるかわかりませんが笑

 

一概にも説明動画を挿入したから検索順位が上がった、という因果関係と言えません。

もちろん季節的なユーザーの心境の変化だってあると思います。

ただ、今回はあまりにもうまく動画付与SEOが機能してくれたので、勝負どころの記事でこの施策を試してみようと思います。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる