海外移住者にはSIMカードケースがおすすめ


SIMカードどうやって保管する??

日本だけでなく、複数の国に拠点を持ち始めると困ったことが1つあります。

それはSIMカードの管理問題ですね。

海外生活をする時はSIMフリーのスマホを予め用意し、海外の現地に行ったら現地で手に入れたSIMカードを挿して使うことになります。

1つの国だけならまだいいものの、複数の国を移動することになったらさあ大変です。

国ごとにSIMカードを変えなければならないので、SIMカードを国ごとに持ち運場ないといけませんね。

 

しかも、ありがたいことに昨今のSIMカードはサイズが小さくなってきていて、一番小さなSIMカード「nanoSIM」でサイズは

縦12.3mm 横8.8mm

です。

昨今のSIMは50円玉より小さい

はっきり言って超小型の部類で、普通に過ごしていたらSIMカードなんてすぐに紛失すること間違いなしですね。

そこでおすすめなのが、

SIMカードケースに複数のSIMカードを保存する

という方法ですよ。

ぼく自身、2つのSIMカードを入れ替えて生活することになったので、こちらのSIMカードケースを購入してみました。

縦9.5 cm 横 5.5 cmぐらいの寸法で、

広げてみると幅は12 cmぐらいまで広がるスタイルになっていました。

念のために質量も計測してみたところ、

28.7 g

もありました。

ケースを開けると、2つのポケットを発見。

1つ目はSIMカード専用です。

1番小さなサイズのnanoSIMカードが12枚収納できる空間が用意されていて、スマホのSIMスロットを開けるための針用のスペースも完備。

もう1つはSDカード類が入るスペースですね。

一番大きなサイズのSDカードが2枚と、microSDカードが4枚収納可能。

SIMカード保管だけでなく、写真用のSDカードまで保存できちゃうのでありがたいです。

 

 

SIMカードケースにSIMカードを保存してみた感想

うーん、実際に使ってみたところまあまあの使い心地でしたね。

僕の場合、一時帰国の際に中国で使っていたSIMカードを保存するために利用しました。

12枚のポケットのうち1枚分しか使えませんでしたが、SIMカードを入れてみるとすっぽり。

SIMカードケースを持ち運んでもSIMカードは揺れないようになっていましたね。

このケースを無くさない限り、SIMカードは紛失することはないでしょう。

 

このケースでは全部で12枚のSIMカードを収納できますので、これさえあれば、最大12か国のSIMカード一気に保存できます。

よほど国際的にならない限りしばらく安泰でしょうね。

 

ただ、ちょっと予想外だったのはスマホを開けるための針のサイズが違ったということ。

僕が保持していたSIMスロットを開けるための針は少し大きかったので、このケースのサイズには入りませんでした。

そのため、SDカードのスペースの代わりに針を置くことになりましたね。

ただ、目的としていた「複数のSIMカードを保存する」という目的では大合格なので購入してよかったです。

僕と同じように小さくてなくしそうなSIMカードの管理に困っている方はSIMカードケースを導入してみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる