SONY のデジタルペーパー(DPT-RP1 / CP1)はどこで体験できるのか??


ソニーのデジタルペーパー を体験してみたい

どうも、Linです。チワワ、夢に出ましたね。

 

2019年の掲げた目標のうちの1つに、

物体としての紙を一切使わなくしよう

ということがありました。

今まではブログの記事のアイデアを出したりアウトライン・構成を考えるために白紙の紙に書き出したりして紙を使って仕事をしたいしていました。

しかしながら、2018年にはその大事なアイデアを書いた紙をなくしてしまったり、実家に置き忘れてしまって郵送してもらったりしたりなどのハプニングが続出。

 

後は、読書して勉強になったことを紙にメモしていたのですが、書くだけで満足して、その紙切れをそのまま捨てたりしていました。

これでは実物の紙を使うと自然環境に明らかに悪いですし、紙を紛失するリスクもありますから、これはよろしくない習慣だと思うようになったのです。

そこで、2019年、実物の紙を卒業してデジタルペーパー デビューするために候補に上がってきたのが

ソニーのデジタルペーパー

です。

SONY のデジタルペーパーの製品では、

  1. DPT-RP1
  2. DPT-CP1

という2種類が発売されているようだったのです。

通販でポチッと購入する手段もあったのですが、なかなか人差し指が動きませんでした。

価格価格がめちゃくちゃ高かったのと(7~8万円してる・・・・!)、あとは実際にデバイスを一度触ってみてしっくりくるかどうかを体験してみたかったのですね。

そこで、どこか実際に ソニーのデジタルペーパー を触れるところを場所を探してみました。

すると、銀座のソニーストアでデジタルペーパー を体験できるみたいだったので実際に行ってみたのです。

 

銀座のソニーストアへのアクセス

まずソニーストアのアクセスからですね。

銀座駅から徒歩5分ぐらいで到着できるアクセスの良さで、「GINZA PLACE」というビルの4~6階にソニーストアのフロアがありましたね。

 

 

フロアの雰囲気は?

4~6階のソニーストアのうち、デジタルペーパー が設置されていたのは4階のフロア。

そこにはソニーの製品であるカメラやaiboなどを実際に触って体験できるようになっていましたね。

今回体験しに行ったデジタルペーパーの DPTシリーズもちゃんと市民権をえていて、体験コーナーが設けられていて触れるようになっていましたよ。

ソニー デジタルペーパー 体験

 

 

体験できるデバイスは??

銀座のソニーストアで体験できるソニーのデジタルペーパーは次の2つ。

  1. DPT-RP1
  2. DPT-CP1

ぶっちゃけサイズが違うだけの 2種類なんですが、デジタルペーパーには現状ではこの2種類しかないのでこれで全部って感じです。

ソニー デジタルペーパー 体験

ただ、結構このサイズというものが重要で、

自分が実際にデジタルペーパー を使うシーンをイメージしながら手にとることができるのが魅力ですね。

また、このデジタルペーパー専用のスタイラスペンも置いてあるので、PDF 文書をデバイスで閲覧するだけでなく、実際に自由に文字を書くことだってできちゃいます。

ソニー デジタルペーパー 体験

 

ソニーのデジタルペーパー を体験してみた感想

実際に触ってみると、

想定よりも数百倍 SONY のデジタルペーパーは良かったです。

まず、やはりデジタルペーパーなので発行している液晶ディスプレイとは異なり、目が全然使えません。電子書籍端末のKindleと一緒で、ディスプレイ自体は発行していないからですね。

近年の iPad ではアップルペンを使って文字やイラストをかけるようになってきましたが、やはりiPadは液晶ディスプレイなので目が疲れるのがちょっと難点でした。

その点、このソニーのデジタルペーパーなら解決してくれていますね。

 

また、想定よりも文字がすらすら書けている!!

まるで本当に紙の紙の紙に書いているような書き心地だったのがびっくりしましたね。

あとは PDF 文章の表示の速度も想像以上で、紙のノートをめくるようにページをめくり、さらに、ペンを使って該当箇所を拡大することも簡単でした。

全然PDF Viewer としても使えそうな気がしていましたね。

その PDF ファイルを見ながら的適所にメモを取ることができるようです。

 

という感じで、ソニーのデジタルペーパー は期待値をはるかに超えていて、危うく即決で買いそうになりましたが、やはりお値段はちょっと高い。

大きなサイズの DPT-RP1はカバーを入れると9万円ぐらいし、小さい CP1ですらあまり値段が変わりません。

やはり実際の普通の紙と比べるとかなり高価なものになってくるので、ちょっと一旦頭を冷やそうとソニーストアを出て近くのカフェに入りました。

SONY ストアのスタッフは押し売りするわけでもなく、話しかけてくるわけでもなく、完全にユーザーを放置してくれていますので、好きなだけソニーのデジタルデータを触ることができるのが良かったです。

僕は多分1時間以上を Sony のデジタルデータを体験し続けていた面倒くさい奴だったと思います 笑

 

カフェに入ってからも、やはりあのソニーのデジタルペーパーの使い心地が忘れられず。。

実物の紙から解放されて仕事ができる将来をイメージてしまうと、もはや購入以外の選択肢は残されていませんでした。

コーヒーを飲んでも意思はぶれなかったので、ソニーストアに戻ってデジタルペーパー を購入することにしました。

めちゃくちゃ高価な買い物だったので正直生活が危ぶまれそうになりましたが、体験直後の当日に購入することにしたのです。

 

ソニーストアの店員さんを質問ぜめにする

というわけで、一旦、頭を冷やしてからソニーのストアに戻りましたが、今度は実際に体験するだけでなくそばにいた店員さんにいくつか気になっていたという質問することにしました。

 

どっちのサイズがいいか??

ソニーのデジタルペーパーは先ほど申しましたようにサイズで、

  1. DPT-RP1
  2. DPT-CP1

の2種類があるのですが、両方ともソニーストアでは体験できるようになっていましたね。

ただ、実際に購入するとなるときになるのが、

どっちのサイズにするか??

という点ですよね。

一回サイズを決めると後戻りできないので決めあぐねていたので、店員さんにどっちがいいのか聞いてみました。

すると、

  • 書くことを中心にするならば大きなディスプレイの RP 1
  •  PDF 文書を閲覧する用途で主に使うならば小さい CP 1

がおすすめということでしたね。

僕は主に書く用途で使う予定だったので 大きいサイズのDPT-RP1を購入することにしました。

 

カバーは必要か ??

電子ペーパーのディスプレイは繊細なので傷ついてしまうと、その部分が書いたり閲覧できなくなってしまったりする可能性も否めません。

そこで本体を覆うカバーが必要になってくるのですが、 Sony のデジタルペーパーの公式のカバーは残念ながら、

9000円ぐらいする高価なカバー。

Amazonで調べていたら非公式のカバーもいくつか販売されていたので、Sony の公式のカバーはをつける利点を聞いてみたところ、

  • サイドにペンを付けられるのでなくしにくくなる
  • 軽い
  • 全画面全体を覆えるので画面保護につながる

と言うことがあるみたいです。

デジタルペーパー のカバーは展示はされていませんでしたが、在庫から持ってきてくれて見せてもらいました。

実際に触ってみると、カバーの表面は肌触りがよく、高級感に満ち溢れており、外側からは紙のノートのように見えるので気に入りました。

もう、このカバーも一緒に買うことにしましたよ。

 

どんなフォーマットで書けるのか??

僕は主に PDF ファイルの閲覧というより、文字をゼロベースで書き込むよって使いたかったのでその書き込む元となるデザインの種類を聞いていました。

するといくつかソニーのデジタルペーパー側でフォーマットが用意されているようで、

  • 大学ノート
  • リーガルパッド
  • 方眼紙
  • 無地の紙

など多数揃っているようでしたね。

しかも SONY のアプリを使えば自分でフォーマットを作って登録することもできるようでした。

 

ページを増やせるのか

また、疑問に思っていたのが

ノートの枚数に制限はあるのか??

ということです。

5枚ある大学ノート5枚まで書ききったら6枚目はどうなるのかということですね。

聞いてみたところこれは愚問だった事が判明。

5ページ目まで行って次のページに送ると、自動で新規ページが増やしてくれますので6枚目にもう一度新たに書き込むことができるようでした。

これならページ数に制限がないノートを手に入れたものと同然じゃないですか。

 

検索機能がある

これは僕が質問していなかったのですが、店員さんからすすんで

検索機能

を教えてくれました。

自分が書いた文字は文字情報としては認識されないので、どこに重要な情報を書いたのかということを後々検索する時にちょっと苦労しますよね。

実はこのソニーのデジタルペーパーならば、

星マークを書いた箇所を後で検索できるようになっているのです。

何か重要なことを書いたら、「星マーク」を側に書いておき、後で検索すればその場所に持って来れるようでした。

ソニーのデジタルデパスすげーな!

 

 

という感じで、ソニーストアの店員さんと押し問答を何回か繰り返すこと30分。

気づいたら カスタマーチェアに着席していて、 SONY のデジタルペーパーを購入することになっていました笑

 

 

Hello, デジタルペーパー

という感じで SONY のデジタルペーパーが気になっていて、まずは体験するためにソニーストアに行ってみたのですが、

期待値を200%ぐらい超えてきていて、即決で購入してしまいました。

ソニー デジタルペーパー 体験

 

合計代金はカバーも含めて10万円ぐらいかかってしまって、生活苦に陥る可能性もありましたが、こピンチはチャンスでもあります。

デジタルペーパー生活にデビューしてしまってしたことをきっかけに、このブログでは行ったらこのソニーのデジタルペーパー の使い方や魅力などを(元を取るため)に宣伝して行こうと思います。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる