使い道が広がる!SONYのデジタルペーパー(DPT-RP1 / CP1)のテンプレート追加方法


SONYのデジタルペーパーにはテンプレート機能がある??

どうも、Linです。ようつべ、最高。

 

SONY のデジタルペーパー DPT RP1 /CP 1には、

テンプレート

という機能があるのをご存知でしたか?

これは、

デジタルペーパー上で新規作成したノートに使える型

のようなもので、デフォルトだと次のようなテンプレートが用意されています。

  • 大学ノート
  • 方眼紙
  • 無地
  • リーガルパッド

 

例えば、「大学ノート」をテンプレートとして選べば、大学ノートに文字を書けるわけです。
Image from Gyazo
いやあ、一台のデジタルペーパー が大学ノートにも方眼紙にもなるのだから心強いったらありゃしないですね。

 

ただ、SONY のデジタルペーパーのテンプレート機能の真骨頂はここから。

なんと、

自分で好みのテンプレートを追加することができる

のです。

つまり、テンプレートの追加方法をマスターしてしまえば、デジタルペーパーを色々なペーパーに変えられるのです。

今日はそのソニーのデジタルペーパー DPT RP1 /CP のテンプレート機能の使い方をまとめておきますね。

 

 

SONYのデジタルペーパーのテンプレートの使い方

次の5つのステップを踏むといいでしょう。

 

Step1. テンプレート素材を探す

追加したいテンプレート素材を探してみましょう。

こちらのソニーの公式ページにテンプレートがいくつか用意されていますので、ダウンロードできます。

例えば、

  1. スケジューラー
  2. 原稿用紙
  3. 片対数方眼紙
  4. 両対数方眼紙
  5. 便箋
  6. 五線譜
  7. Todoリスト
  8. 手帳
  9. カレンダー
  10. ドット

などがありますね。

お好きなテンプレートを選んじゃってくださいな。

すでにテンプレート素材をお持ちの方はこのステップを飛ばしてもいいですよ。

 

Step2. パソコンのソフトを立ち上げる

テンプレート素材を用意できましたら、パソコンでデジタルペーパーのアプリを立ち上げましょう。

まだダウンロードしてない方はこちらからどうぞ。

パソコン用ソフトの使い方に関しては「デジタルペーパーのパソコンのソフトの使い方」を読んでみてくださいね。

 

Step3. パソコンとデジタルペーパーを接続

続いて、パソコンと SONY のデジタルペーパーを接続していきます。

接続方法には

  1. ケーブル
  2. ブルートゥース
  3. WiFi

の3つありますので、好きなものを選んで接続してみてくださいね。

>>詳しくは「DPT RP1 /CP 1をパソコンに接続する方法」へ

 

Step4. テンプレートを追加

いよいよ、デジタルペーパーにテンプレートを追加していきます。

パソコンのアプリから右の「設定」をクリックし、

ノートのテンプレート追加と進んでみましょう

 

Step5. テンプレートファイルを選ぶ

すると、テンプレートファイルを選ぶ画面に遷移します。

ステップ1で仕入れておいたテンプレートファイルを選びます。

 

名前をつけることになるので、それっぽい名前を付けましょう。

ここでつけた名前でテンプレートを呼び出すことになりますので、正当で判別しやすい名前がおすすめですね。

ぼくは試しに「ドット」というテンプレートをダウンロードして追加してみました。

 

「ファイルを選択」でファイルの場所を指定し、それっぽい名前を「テンプレート名」でつけるだけ。

これで、新しいテンプレート「ドット」が仲間入りしましたね。

 

 

 

さあ、SONYのデジタルペーパーにテンプレートを追加しよう

以上でソニーのデジタルペーパーにテンプレートの追加が完了しました。

無事に新しいテンプレートの「ドット」も使えるようになりました↓

Image from Gyazo

 

SONY の公式ページだけでも様々なテンプレートが用意されていましたね。

数学や科学・技術関係、さらに、手紙、音楽関係なども対応できるようになり、 使い道が拡張されて楽しくなると思います。

ソニーのデジタルペーパーはもともと業務用として使われていただけあって、様々な業界に対応しているのがすごい。

デジタルペーパーをお持ちの方はぜひテンプレート機能を使いこなしてみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる