Sourcetreeでパスワードを間違えてPushできなくなった時の対処法




 

 

 

Sourcetreeでコミットした内容を、Bitbucketのリモートリポジトリにプッシュしてみました。

すると、Bitbucketのパスワードを要求されましたね。

久しぶりにBitbucketを使ったので、パスワードがうる覚えで当てずっぽうで入れてましたが、案の定アウト。

次のようなエラーが出たのです。

 

git –no-optional-locks -c color.branch=false -c color.diff=false -c color.status=false -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c credential.helper=sourcetree push -v –tags origin refs/heads/master:refs/heads/master
Pushing to https://user1@bitbucket.org/user1/file1.git
remote: Invalid username or password
fatal: Authentication failed for ‘https://bitbucket.org/user1/file1.git/’
Pushing to https://user1@bitbucket.org/user1/file1.git
remote: Invalid username or password
fatal: Authentication failed for ‘https://bitbucket.org/user1/file1.git/’
Pushing to https://user1@bitbucket.org/user1/file1.git
remote: Invalid username or password
fatal: Authentication failed for ‘https://bitbucket.org/user1/file1.git/’
Pushing to https://user1@bitbucket.org/user1/file1.git
remote: Invalid username or password
fatal: Authentication failed for ‘https://bitbucket.org/user1/file1.git/’
Completed with errors, see above

 

パスワードが違ったようです。

 

「はあ、やっちまったなぁ。まぁ次のパスワードであってればいけるっしょ」

ともう一回Sourcetreeでプッシュしてみたいところ、

パスワードをきいてくれなくなりました。

しかも、プッシュしたら次のエラーが絶対に出るようになってニッチもサッチも行かないでありませんか。

これではいつまでたっても、パスワードを間違えたせいでプッシュできずに老後を迎えそうです。

そこで困り果ててググってみたところをこちらの神ページに遭遇。

問題の解決候補はいたって簡単でした。

どうやらあるファイルを削除すればいいようでした。

それはズバリ、

~/Library/Application Support/Sourcetree

にある

<ユーザー名>@STAuth-bitbucket.com

というファイルですね。

試しにチェックしてみたら本当にそのファイルがいました。

今回、ぼくはBitbucketを使いましたが、Githubをお使いの方は、

<ユーザー名>@STAuth-github.com

となるでしょう。

 

こいつを削除してもう一度Sourcetreeでプッシュしてみたら、再びパスワードを聞いてくれるようになったのです。

ここで正しくパスワードをちゃんと入力したら、なんとかプッシュできました。

 

めでたしめでたしです!

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。