登録不要で使いやすい!スタバの無料Wi-Fiの使い方・接続方法


ついにスタバの無料Wi-Fiの使い方をマスターした

どうも、Linです。親知らず、きてますね。

 

作業場所にコーヒーショップを選ぶ方もいると思いますが、中でも仕事や勉強に使いやすいのが

スターバックス。

通称スタバ。

スタバ スターバックス wifi 使い方

僕自身、何度かスタバにお世話になってきていて、かつては無礼にもバナナ1本だけを購入して勉強するために入ったこともありました。

スタバは全国に存在していて利用しやすいのが魅力。

しかも、無料 Wi-Fi を開放していて、誰でも無料でインターネットを楽しめますからね。

 

今日は、これまで数え切れないぐらいの全国の無料 Wi-Fi に接続してきた「無料 Wi-Fi オタク」の僕が満を持して、

スタバの無料 Wi-Fi に接続してみました。

今日はその使い方と接続方法をわかりやすくまとめておきますね。

 

 

スタバの無料 Wi-Fi の接続方法を使い方

次の4つのステップを踏むといいですね。

 

Step1. 電波をキャッチする

無料 Wi-Fi の電波をキャッチしましょう。

スターバックスの無料 Wi-Fi の電波は

at_STARBUCKS_Wi2

というやつなので、PC やスマホの Wi-Fi の接続設定から探してみましょう。

スタバ スターバックス wifi 使い方

見つけたらいつも通り接続してやります。

 

Step2. インターネットに接続

すると、次のがような画面がポップアップ。

スタバ スターバックス wifi 使い方

 

中央の「インターネットに接続」をクリックします。

 

スターバックス(スタバ)の無料Wi-Fiの使い方

 

Step3. 規約に同意する

お次はスタバの Wi-Fi の利用規約が出現。

スタバ スターバックス wifi 使い方

 

同意しなければスタバの Wi-Fi は使えません。

歯を食いしばって同意しましょう。

 

念のために、スタバ Wi-Fi の規約を確認してみると、大体こんな感じのことを言っていました↓

  • 他人に危害を加えるな
  • 何かあったら自己責任だよ
  • 個人情報は適正に扱うよ
  • サービス途中でやめるかもしれないけどよろしく

利用者として気になってくるのが2つ目の「自己責任」という箇所。

 

万人に解放されたネットワークになっていますので、セキュリティが脆弱みたいです。

若干危険であることに同意した上で使わないければなりません。

 

Step2で出てきたポップアップウィンドウにも、

ご利用いただくWi-Fiネットワークの通信は、暗号化されておらず通信を傍受されるおそれがあります。

あらかじめご了承の上でご利用くださいますよう、お願いいたします。

と記載されていますので、どう考えても100%安全なWi-Fi ではありませんね笑

スターバックス(スタバ)の無料Wi-Fiの使い方

その危険性を承知した上で使うならばいいよということです。

うーん、しゃあないな、これは。

 

接続完了

規約に同意したらスタバの Wi-Fi に接続が完了。

先ほどのポップアップウィンドウがスタバのトップページに切り替わりますよ。

スタバ スターバックス wifi 使い方

あとはじゃんじゃんインターネットを使っていきましょう。

 

 

スタバ Wi-Fi の回線速度はどれくらい??

せっかくなので、スタバ Wi-Fi の回線速度も測定してみました。

インターネット回線速度を計測できるfastで計測してみたところ、

14 Mbps

ありましたね。

 

スタバ スターバックス wifi 使い方

 

なかなかの速度で、割と Web ページもサクサクと動きました。

スタバで勉強や作業するためには全く支障がありません。

 

時間制限はあるの??

とはいえ、ひとつだけ注意点があります。

それは、

1回あたりの利用時間が制限されている

ことですね。

ズバリ、

1度の接続当たり1時間使うことができます。

 

1時間経つと、再びポップアップ画面が出てくると思います。

スタバ スターバックス wifi 使い方

もう一度「インターネットに接続」をクリックしてやると、すぐにインターネット利用を再開できます。

 

ただ、

インターネット接続は1度切れてしまうことに注意が必要です。

インターネット経由でブログを書いている場合は、1時間経過前に下書きで保存しておくといいでしょう。

1時間後に保存すると記事の内容を一気に失う可能性もありますからね、ぼくのように笑

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる