駅構内に最高の仕事環境?STATION DESK(東京駅丸の内)を使ってみた




東京駅内に最強の仕事スペースがあった?

ある日、東京駅(丸の内口付近)をぶらぶらしていたら、

STATION DESK

というワークスペースを発見。

STATION DESK 東京丸の内

噂には聞いていましたが、駅構内にこんなにしっかりしたスペースが出来ていたとは知りませんでしたよ。

東京駅から出てコワーキングスペースを探すのは面倒だったので、早速使わせてもらいました。

 

 

東京駅丸の内のSTATION DESKを使ってみた感想

使ってみた感想を書いておきますね。

 

支払いはオンラインで完結

やはり目を引くのが「無人で運営されている」という点ですね。

STATION DESK 東京丸の内

受付も監視員も存在していないので、自分で入場して退場する「自己管理の必要」が出てきます。

そのため、料金の支払いはオンラインで完結。

STATION DESK 東京丸の内

席の予約もWEB上でできるので、人を介せずに気軽に使える点で画期的ですよね。

 

フリードリンクもある

また、フリードリンクもある点も助かります。

  • ジャスミン
  • グリーンティー
  • スポーツドリンク

の3種類。

STATION DESK 東京丸の内

しかもそれぞれホットかコールドの選択肢が用意されていました。

こちらのドリンクサーバーが置いてあるのは休憩スペースですね。

STATION DESK 東京丸の内

ワークスペースとは扉一枚隔てた空間で寛げるようになっていました。

 

豊富な席の種類

席のタイプを好みで選べたのが面白かったです。

具体的にいうと、

  1. PEACH
  2. SHELTER
  3. CAVE
  4. DEN
  5. CAPSULE
  6. HEAVEN

の6種類の席が用意されています。

 

まず「PEACH」は回転する座席で、高めの椅子が置いてあるオープン席。

STATION DESK 東京丸の内

短時間でさくっと作業を終えたい時に重宝しそうです。

あとは他にもオープン席で「CAPSILE」「DEN」があります。

 

あとは「SHELTER」「CAVE」「HEAVEN」の半個室が3種類。

STATION DESK 東京丸の内

「CAVE」はゆったり後ろに体重をかける椅子が中に設置されていたので、情報をインプットするときに重宝する空間でしょう。

STATION DESK 東京丸の内

一方、「SHELTER」の中には大きめの机と最強のオフィスチェア「コクヨのing」が置いてあります。

STATION DESK 東京丸の内

僕自身、今回はSHELTERを使わせてもらいました。

STATION DESK 東京丸の内

漫画喫茶のような半個室で誰にも目撃されず、惑わされずに集中できましたね。

ここならば何時間でも座って作業できそうでした。

HEAVENは使用中だったので中を確認できずでしたが、きっといいとこなんでしょうね。

 

席は完全予約制

STATION DESKではお気に入りの席を「指名で予約」できるようになっています。

例えば、

SHELTER 1

のように「席の種類」と「席番号」で予約していきます。

好みの席があればまず間違いなく使えるでしょうね。

STATION DESK 東京丸の内

ただし、予約は絶対に必要なので、利用前にはウェブサイトで予約していきますよ。

こちらのウェブサイトから

  • 時間帯
  • 席のタイプ&番号

を確保。

 

ただ、予約と言っても席が空いていれば即時利用できます。

STATION DESKに到着してから、スマホで予約しても問題ありません。

僕自身、全くノープランで飛び込んだので入口前で予約しましたのでご安心を。

 

会員登録は必要

また予約するために会員登録が必要になってきます。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号

ぐらいで良かったと思いますね。

STATION DESK 東京丸の内

あとはクレジットカード情報を支払いのために登録しておきますよ。

 

電源とWi-Fiもある

作業に特化した場所とだけあって、電源とWi-Fiは全ての座席に確保されていました。

STATION DESK 東京丸の内

特筆すべきは電源。

普通のプラグ差し込み口だけではなく、USB型の差し込み口がついていました(SHELTERの場合)。

STATION DESK 東京丸の内

USB経由で充電する家電製品ユーザーにはありがたい話です。

 

しかも、インターネット回線速度は信じられないぐらい速く、fastで計測してみたら

410Mbps

でした。

STATION DESK 東京丸の内

いやあ、これは人生自己ベスト。生涯でこんなにサクサクしたことはありませんでした。

 

静かで集中できる

また、このワークスペースはすこぶる静かです。

黙々と作業をしている方が多かった印象ですね。

何しろ、通話がNGになっていて、通話をする方のために「PHONE BOOTH」という電話専用のブースが用意されていました。

STATION DESK 東京丸の内

このブースはワークスペースから出た休憩スペース内に設置してあります。

PHONE BOOTHのドアが一枚、さらに休憩スペースとワークスペースの間にドアがあるので防音効果が期待できますね。

 

BGMも心地よい

なぜか不思議に集中できるBGMが適音量でかかっていましたね。

スーパー、カフェなどでかかっているような不思議なBGMでした。

 

駅の音は完全には消せない

ただし、駅の中にあるためか完全には「外の環境音」は消せていませんでした。

例えば、

  • 駅内放送
  • 電車の動く音

などが聞こえてきます。

何線か知りませんが、定期的に結構な轟音が響いてきたのを覚えています。

僕が利用したSTATION DESKは東京駅の丸の内口付近になったので、新幹線の音かもしれませんね。

何かこう、

ゴーゴーゴー

と大きな電車が猛スピードで動く音が聞こえてきました。

これはBGMでは消しきれないので、気になる方は耳栓やイヤホンで打ち消すことをおすすめしますね。

 

一時退室もOK

また、予約制になっていますが、一時退室も可能です。

再入場にはQRコードが必要なので、スマホを持って外に出れば問題ありません。

ログイン画面に表示されたQRコードを、

STATION DESK 東京丸の内

入り口のスキャナーにかざすとドアが開きますよ。

STATION DESK 東京丸の内

もちろん、これは最初に入場する時も同じでQRコードをフルフルに使っていきますよ。

STATION DESK 東京丸の内

トイレもワークブース内ではなく外にあるので、長時間利用するなら一時退室は避けられないでしょう。

 

料金は15分刻み

STATION DESKの気になる料金はこちら。

人数 15分ごとの料金(税抜き)
1名 150円
2名 200円

15分刻みで計算してくれるので、短時間の利用も安心でお得。

しかも、2名で一緒に利用するプランもあるときてます。

ぼくは1名で1時間15分使ったので、

150×3 + 税

= ¥825

かかりましたね。

STATION DESK 東京丸の内

うーん、カフェよりはちょっと高いといったところでしょうか。

ただ、STATION DESKは仕事場所だけでなく、フリードリンクも提供してくれているのでまあカフェみたいなもんです。

 

 

さあ、STATION DESKを使ってみよう

以上、東京駅のSTATION DESKを使ってみた感想でした。

いや、ほんと素晴らしい環境で、ちょうどこういう「半個室で椅子が素晴らしい作業空間」を探していたところでした。

ただ、STATION DESKの設置エリアが限られていて、東京駅の丸の内だけみたいですね。

 

今後STATION DESKが広がっていけば、駅から出てコワーキングスペースやカフェを探さずとも、駅内で作業を完結できるようになります。

これによりビジネスパーソンの作業効率の向上、時短に繋がるのは間違いないでしょう。

仕事柄、駅構内で仕事できる環境を探している方は使ってみてくださいね。

席の予約はこちらからどうぞ↓

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。