「変なホテル」が飛び抜けて「変な」理由




 

先日「変なホテル」に初宿泊してきました。

ご存じのない方のために説明しておくと、決して「変な」ホテルではありません。

「変なホテル」というホテルに宿泊したのです。

 

「変な」という「形容詞」がつくぐらいです。

どこかしら変であるはずですが、ただの1点、他と比較して変なところがありました。

それは、

受付に人がいない、ということ。

入り口に受付はある一方で、そこに、生身の人間はいません。

代わりに「ヒューマノイドロボット」が置いてあるんですね。

ジェンダーフリーを意識してか、男女一体ずつ置かれていました。

 

到着したら、受付に近づきます。

ロボットに名前を聞かれますので

「飯橋です」

と名乗ると、音声で名前を認識。

予約名簿から名前を探してタブレットに表示してくれます。

手元のタブレットに「こちらでよろしいですか」と出るので「イエス」を選ぶと、中央の精算機に支払いスタート。

クレジットカードはもちろん、現金もオッケー。

支払いが完了すると、ルームキーとレシートがマシーンから出てくるんですね。

 

はい、これでチェックインはおしまい。

人を介さないチェックインがこんなにも滑らかだとは!!

 

そうです、変なホテルとは簡単に言ってしまうと

無人受付ホテル

に他なりません。

 

これだけ聞いてもピンとこず、

「へ〜、変なホテルって受付が無人なんだ。へ〜」

と素通りしたくなるかもしれませんね。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

数々のチェッホテルにチェックインしてきた身からすると、このシステムは革新的にうつります。

なぜなら、チェックインのストレスが激減するからです。

 

人を介するチェックインにはとにかく手間がかかります。

名乗り、住所・氏名を紙にかかされ、手首の検温、健康チェックシートの記入。

クレジットカードを機械に差し込み、暗証番号を入力してください、と言われ、暗証番号入力。

領収書の宛名は?と聞かれ、領収書の宛名を答えて、ルームキーが出されたら「ありがとうございます」と感謝せねばなりません。

単純なやり取りではございますが、なかなかにコミュニケーションコストが発生し、わりと消耗します。

いや、

「チェックインで疲れる」ということに、変なホテルに宿泊して初めて気付いたのです。

 

人を介せず泊めてもらう体験は、我が家に帰ってきた感覚に近いです。

無条件に受け入れられている感、とでもいうのでしょうか。

帰省した際、実家の父母に出迎えられている気がしました。

 

人間のスタッフを介すると、どうしても「よそに泊まりに来た」という事実は拭えません。

それが「よそ者」にとってはストレスに感じるのです。

 

変なホテルにまったく人がいないかというと、そうではありません。

受付の裏にバックオフィスがあり、鈴を鳴らすと人間が出てきて対応してもらえます。

このバックオフィスの存在は、チェックアウト時にクロークサービスを利用するまで気づきませんでした。

ちなみに、クロークサービスは無料ではなく500円

 

そしてもちろん、清掃スタッフもいます。

「清掃してください」の札をかけておけば掃除してもらえます。

 

変なホテルは「完全に無人」ではなく、ホテルの顔とも呼べる「受付業務」の比重を軽くした宿泊施設だったのです。

気になった方はぜひ宿泊し、ご自身で味わってみてください。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。