【口コミ・評判】タクシーアプリ 「スマホdeタッくん」で移動してみた感想


 

これまで色々なタクシーアプリを使ってきて、タクシーアプリ比較記事も作ってみました。

しかし、タクシーアプリ というテクノロジーはあまりにも便利すぎるので、

もっと色々タクシーアプリを使ってみたい

と思うようになったのです。

そんな「タクシー熱」から新たなタクシーアプリに挑戦してみました。

その名も、

スマホdeタッくん

です。

 

 

「スマホdeタッくん」とはどんなタクシーアプリなのか?

このアプリは東京専用のタクシーアプリです。

東京23区+武蔵野市、三鷹市、多摩地区

で使える配車サービスで、東京のハイヤータクシー協会の公式のアプリなのです。

現在、東京エリアで9300台のタクシーを配車可能になっています。

東京ではなかなか規模の大きいタクシーアプリですね。

詳しくはこちらの公式ページをご覧ください。

 

スマホdeタッくんの使い方

実際にスマホdeタッくんを使ってみたので、体験談を交えながらスマホdeタッくんの使い方をまとめておきます。

 

アプリをダウンロードする

まずはスマホdeタッくんのアプリをダウンロードしてみましょう。

東京のタクシー「スマホdeタッくん」

東京のタクシー「スマホdeタッくん」
posted withアプリーチ

 

ダウンロードしてアプリを開くと、スマホdeタッくんのキャラクターの「タッくん」がウニョウニョ動いていると思います。

その状態ならば、自分の周囲にスマホdeタッくん対応のタクシーがいることを意味していますので使ってみましょう。

 

乗車位置を決める

まずはピンを地図上で動かしてタクシーを呼ぶ位置を決めていきます。

ドライバーが分かりやすいように、どちらの車線で乗るのかはっきりさせておくと良いでしょう。

ピンが定まったら「この場所でタクシーを呼ぶ」というコマンドを押してみます。

 

詳細を設定する

ただ、ここで終わらないのがタッくんです。

ドライバーに見つけてもらいやすいように、さらに詳細を詰めていきます。

まずは、

  • 近くの建物名
  • 車の位置場所
  • 待ち合わせ方

法などを乗車位置の詳細を決定。

 

さらに、乗りたいタクシーの希望を細かく設定できるようになっていて、

  • タクシーグループ
  • 車両の色
  • エコカーかどうか

まで決められるようになっていました。

最後に

  • 自分の名前
  • 電話番号

を記入し、規約に同意してDONE。会員登録は必要ないので楽ですね。

これでやっとタクシーを呼べるようになりました。

 

ドライバーとマッチング

すると、スマホdeタッくんがタクシーを探してくれて、条件に当てはまるタクシーがあればマッチング。

この時点でマッチングが完了すると、

  1. タクシーの色
  2. 無線番号
  3. タクシー会社名

の3つの情報が判明します。

「無線番号」とは

タクシーの上についている番号のこと

で車両のナンバーではないので注意してください。ちょうどタッくんでいうと、ここに書いてある無線番号のことです↓

 

この無線番号と車体の色で自分が呼んだタクシーを判別していきますよ。

今回はすぐそばにあるタクシーとマッチングしましたが、タイミングが悪くてタクシーが通過。

 

 

「うっわ、すぎちゃっとるやん」

 

スマホdeタッくんのアプリ上では、たっくんのアイコンがウニョウニョせず、普通のタクシーのアイコンで表示されますね。

しかし、同期通信ではないので3秒に1回ぐらいページが更新される仕様になっていました。

タクシーの動きがパラパラ漫画のように徐々に動いていく様子が分かります。

なんとか1回過ぎてしまったタクシーが戻ってきて、

呼んでから4~5分でタクシーに乗れましたね。

 

タクシーに乗る

タクシーに乗る時の照合は、事前に登録した「名前」でおこないます。

「飯橋です」

「分かりました。よろしくお願いします」

と早速車がスタートしていきました。

「いや、ちょうど過ぎちゃって申し訳ないですね。お客さん」

「いえ大丈夫です」

 

という感じで、ドライバーの方もマッチングした直後に僕の乗車位置を過ぎてしまって悔しい思いをしたようです。

車内はやはり普通のタクシー。

ドライバーの方は、スマホやタブレットではなく、カーナビで配車注文を受けていたようでした。

あと、座席前には広告が表示されるタブレットが設置されていましたね。

 

目的地を告げる

スマホdeタッくんでは目的地を指定できなかったので、口頭で目的地を告げなければなりません。

今まで利用してきたタクシーアプリではこの「目的地を伝える手間」が省けていたので、ちょっと久しぶりにストレス。

「あのー、〇〇駅近くの△って知っていますか」

「あ、はい、あれね」

「そこまでお願いします」

「はいよ」

 

というように、まずドライバーの方が自分が行きたい目的地を知っているか確認するステップが発生。

その後にお願いしなければならないのでめんどくさかったですね。

 

タクシーから降りる

そんなこんなで目的地に到着。

スマホdeタッくんではクレジットカードを登録できないので、全て車内決済。

タクシーから降りるときに料金を支払うことになります。

 

僕が乗ったタクシーはクレジットカードに対応していましたので助かりましたが、中には現金のみのタクシーもいるかもしれませんので注意です。

タクシーが停車してからクレジットカードを差し出し、レシートを出してもらってそれにサイン。

ようやく決済が完了です。

 

やはりタクシーアプリで主流となっているオンライン決済と比べると、支払う手間が発生していたのが残念でした。

おそらく支払いのために2~3分はロスしていたでしょう。

こんなにもタクシーから降りる時の料金の支払いがだるかったのか、と、従来のタクシーで感じていただるさを思い出すことになりました。

今回は980円税込。

  • 基本運賃 ¥660
  • 迎車料金 ¥320

という内訳でした。

やはりスマホdeタッくんは迎車しているので普通のタクシー料金に加えて迎車料金がかかってしまうので注意です。

 

ドライバーを評価

最後にドライバーを評価して終了。

五つ星と個別項目を選んでドライバーの仕事を評価してあげます。特に問題がなければ5つ星をあげちゃいましょう。

 

 

「スマホdeタッくん」で移動してみた感想

最後に感想も書いておきますね。

 

少しだるい

ちょっとだるかったですね。

他のタクシーアプリと比べると、本来タクシーアプリ で省けるはずの手間が発生していたのが残念。

スマホdeタッくんは「配車のフェーズ」に特化したアプリで、色々細かく設定できて

  • 車体の色
  • エコカー
  • タクシーグループ

とか細かく選べたのは評価できます。

 

しかし、

  • 目的地を伝える
  • 乗車料金の支払い

というイベントが発生していて、少しばかり煩わしさを感じました。

 

会員登録が必要ない

このアプリの利点を言うならば、会員登録が必要なく使えるということですね。

タクシーを呼ぶときに

  • 名前
  • 電話番号

さえその時に入力してしまえばタクシーを呼べます。

自分のアカウントをわざわざ作成しなくてもいいのがよかったです。

誰でも気軽にすぐにタクシーを呼べてしまうポイントがスマホdeタッくんの強みなのでしょう。

 

他のタクシーアプリにも興味がある方は「タクシーアプリ 比較まとめ記事」も読んでみてくださいね。

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる