テックキャンプの料金がクッソ跳ね上がっていた話




テックキャンプの料金がクッソ跳ね上がっている・・・!

先日、久しぶりにかつてお世話になったTECH CAMP(テックキャンプ)の料金を調べていたら、あることに気が付きました。

それは、自分が受講していた時期(2016年・2017年)と比べると、2020年現在の料金が

くっそ高くなっていたこと

です。

なぜこのような「テックキャンプの料金の価格の違い」に気付けたのでしょうか?

それはご丁寧にも、2016年と2017にテックキャンプを受講した時にテックキャンプの料金に関する記事を書いていたからです笑

 

2016年7月頃のテックキャンプの料金

まず、僕が最初に受講した2016年7月頃のテックキャンプの料金です。

 

 

この頃はすごい料金体系がシンプルで、

1ヶ月1科目あたりきっかり12,8000円(税抜)。

tech camp 大学生 プログラミング 勉強

科目数としては、

  1. Rails
  2. Unity
  3. iPhoneアプリ

の3コースがあり、僕はRailsとUnityの2科目をお世話になったので、合計、

256,000円(税抜)

プログラミング学習に投資しました。

 

テックキャンプ 料金

 

1ヶ月1科目12,8000円(税抜)なんて高すぎる!

と思うかもしれませんが、この当時は入会金がなくて、この金額だけ払えばみっちり1ヶ月勉強できました。

ただし、このシステムだと、1科目ごとに12万8000円払わなければならないので、複数科目を受講する時には料金が高くなってしまいます。

また、期間も1ヶ月きっかりと決まっているので、受講延長しづらいデメリットもありましたね(延長は1ヶ月34000円+税)。

 

この時期のテックキャンプは、

1ヶ月ガッツリ、朝から晩までプログラミング学習にコミットする

という超ハードモードのスクールでした。

会社を辞めたり、暇を持て余した大学生が将来のために通うスクールだったのです。

 

そのため、

会社に通いながらプログラミング学習する

といったような現在の用途では使われていませんでした。

僕自身、会社を辞めてからまず最初に通ったのがテックキャンプだったんです。

そのためあってか、受講生は「会社を辞めて、腹をくくった人」が多く、知り合った方にも面白い人がこの時期は多く集まっていたような気がします。

 

2017年8月頃の料金のアップデート

僕がテックキャンプを受講した1年後に大幅な料金のアップデート。

 

 

1ヶ月きっかり利用料金を取るのではなく、月額で支払っていくサブスクリプションモデルが導入されたのです。

具体的にいうと、

  1. 入会金12,8000円
  2. 月額料金12,800円

というシステムでした。(もちろん税抜)

 

テックキャンプ 料金

 

ありがたいことに科目数は増えて、

  1. Rails
  2. Unity
  3. iPhoneアプリ
  4. デザイン
  5. AI

の5科目。

テックキャンプ 料金

 

しかも、月額会員になっている間ならば、すべてのコースを受講可能だったのです。

入会金と初月料金合わせると、

148,000円(税抜)

と入学の費用は高いですが、科目も増えましたし、延長しやすいですし、この料金のアップデートは受講生にとって嬉しいニュースでした。

また、テックキャンプを以前に卒業した人ならば入会金が無料ときています。

 

僕はかつてUnityコースとRailsコース受講済みだったので、月額1800円を払ってまだ受けていなかった残りの

をすべて受講してテックキャンプを完全制覇しました。

 

2020年のテックキャンプの料金

それでは、2020年の料金はどうなっているんでしょうか?

現在、テックキャンプには色々種類がありますが、転職を前提としない、僕がかつて受講したタイプと同じなのは「プログラミング教養コース」。

  • このコースでは、
  • Rails
  • AI

デザイン

の3科目を受講できます。このコースの場合、

  • 入会金198,000円
  • 月額料金198,000円

それに税金が加わります。

 

この料金のアップデートは2017年7月におこなわれたサブスクリプションタイプの料金システムの導入から、同じ料金システムを維持したまま、

入会金・月額料金共に値上げになっています。

そして残念なことに、受講できる科目数も減少。

以前と比べると、UnityとiPhoneコースが消えてしまっているではありませんか。

 

 

じゃあテックキャンプはいつ受講するべきなのか?

という感じで、2020年のテックキャンプの料金は科目数が減ってしまった上に、入会金・月額料金が増えていたのです。

サービスの質が変わらないとすれば少し損した気持ちになりますよね。

 

しかし、この歴史的事実を基にして僕が言いたいのは、

「じゃあテックキャンプの受講をオススメしないよ」

ということでは決してありません。

むしろ逆で、

いま、テックキャンプを受けておくべきなんです。

なぜなら、いつまで今の料金体系でサービスを提供してくれているか誰にもわからないからです(経営陣以外)。

 

もしかしたら、1年後には今より科目数がもっと減って、入会金も月額料金も割り増しになっている可能性も否めません。

もう、それはテックキャンプ運営陣以外誰もわからないです。

もちろん、円の価値が下がってインフレーションが起きる未来もあり得ます。

 

そのため、今、現状では、

今のプラン、今のプライスがベストなのです。

今受講してテックキャンプの学びを、脳内に蓄積しておくべきなんです。

 

言い替えれば、

円をスキルに変えておくべきなんです。

円をスキルに変えておけば、インフレが起きて円の価値が暴落しようが、銀行に強盗が入って預金が0になろうが、

テックキャンプで学んだ知識・経験・スキルは誰にも奪えません。

テックキャンプの受講費用はいわば、

ビットコインや有価証券のように日々変動するものだ

と肝に銘じておきましょう。

自己投資するタイミングはいつだって「今」がベストなんです。

テックキャンプのオンライン説明会はこちらからどうぞ。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。