【2024】チェンマイ英語留学に必要な3つのモノ【全て実体験から話す】

タイ海外ノマド
チェンマイ英語留学を目指す人「チェンマイ英語留学についての情報を知りたい。学校とか、ビザとか、住む場所とか、事前に準備しなくちゃいけないのかなぁ。そして実際、いくらかかるんだろう?経験者から話を聞いてみたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • チェンマイ英語留学に必要な3つのモノある
  • チェンマイ英語留学できる学校を5つ紹介
  • ヨガをはじめとする、チェンマイで可能なカルチャー留学
  • ビザなし?ビザあり?タイ留学のビザ事情

この記事を書いている筆者は、海外ノマド歴8年。

チェンマイ英語留学した語学学校
https://prolanguage.co.th/
チェンマイ英語留学はコスパ良い生き方

2018年3月から1年間、タイのチェンマイで英語留学していました。
感じたことは、『チェンマイ』での『英語留学』はコスパ良いなぁと思います。

地方都市ならではの落ち着いた雰囲気。世界的な観光地として外国人にもフレンドリーな土地柄。タイ北部という年間を通してほどよい気候。素晴らしすぎて、感謝しまくりって感じです。

というわけで、チェンマイ英語留学という生き方は広まるべき。
そこで本記事では、”チェンマイ英語留学に必要な3つのモノ”を解説します。

この記事を書いた人
  • ブログ好きな日本人
  • MT4・EAでFXトレードを自動化
  • AIプロンプトを勉強中
  • 海外ノマド歴は8年目
  • フリーランスとして複数の国で暮らしています
サトー
です
プロフィール

チェンマイ英語留学に必要な3つのモノ

次の3つです。

  • その①:学校探し
  • その②:ビザ取得
  • その③:家探し

その①:学校探し

チェンマイ英語留学で必要な1つめは『英語学校』。

基本的に英語学校探しはインターネットで行います。フィリピン留学のように『留学フェア』のようなイベントはありませんので、オンラインで探します。

そして気になった英語学校を見つけたら、メールもしくはメッセンジャーアプリで問い合わせをします。確認する内容は「料金・授業時間・ビザ取得の有無」。この3つを英文で問い合わせるのが基本です。

タイではLINEがメッセンジャーアプリとして圧倒的に普及しています。

LINE

LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

具体的な方法は【2024年】バンコク英語留学は『生活コスト』との戦いです【5校紹介】で解説しています。参考にしてください。

その②:ビザ取得

2か月までの留学であれば、ビザは必要ありません。ビザなしで入国して30日間滞在後、追加で30日間延長が可能だからです。また3か月までの留学の場合も、観光ビザを取得して60日間滞在後、30日間延長というパターンが一般的。チェンマイ英語留学で、留学専用の教育ビザ(EDビザ)が必要になってくるのは、3か月以上の留学からです。

その③:家探し

チェンマイに短期の留学であれば、ホテル暮らしでもいいでしょう。ただ、1か月、3か月となってくると、ホテル暮らしではツラくなってくる人もいるかと思います。

チェンマイでは外国人でもパスポートとお金だけで簡単にアパートを借りることが可能。しかも、ホテルで暮らすよりも、圧倒的に安くなります。せっかく格安のチェンマイ英語留学をしているのです。滞在費用も格安にしちゃいましょう。

The Greenery Landmark
Detail: The Greenery Landmark undefined Chang Phuak Muang Chiang Mai Chiang Mai - pr...

こちらは筆者が2018年に1年間、チェンマイ英語留学をしていた時に住んでいたアパート。築1年のアパートで、通っていた英語学校から徒歩15分です。家賃はWiFi付きで22,000円くらい、光熱費は別払いでした。

今も、まだあるので気になる方は問い合わせてみては、、、気になる方は、FacebookかLINEで確認してみてください。

チェンマイ英語留学できる学校を5つ紹介

チェンマイは、バンコクのような大都市ではないので英語留学できる学校も限られています。ここでは、チェンマイ英語留学できる学校をすべて紹介。
さっそく、いっしょに見ていきましょう。

チェンマイ英語留学①:Pro Language School Ciang Mai

2018年5月から1年間通っていました。チェンマイで英語が学べる語学学校は、チェンマイの青山と呼ばれるニマンヘンエリアに集中しています。

Pro Language Schoolはタイ国内に4校あり、そのうちバンコク、パタヤ、チェンマイ校で英語コースを受講可能。EDビザも6か月と1年のコースで取得できます。

料金
EDビザ(6か月) 31,100バーツ(約10万9000円)
EDビザ(1年) 40,100バーツ(約14万円)

チェンマイ英語留学②:NES Educational Group

チェンマイで英語留学と言えば、この学校が最初に出てくると思います。

NES Educational Groupは、チェンマイ市内で複数の語学スクールを運営。英語コースはニマンヘン地区にある校舎で行われています。6か月と1年のEDビザを取得も可能。ただ、2018年当時、英語クラスの生徒は、ほぼ中国人だと聞いたのを覚えています。

チェンマイ英語留学③:WSE Chiangmai

Just a moment...

Wall Street Englishは、イギリス発の英語学校で全世界に展開しています。タイ国内ではバンコク、チェンマイ、ラヨーンの3都市に進出。そのうちチェンマイ校は、セントラルフェスティバルというショッピングセンター内にあります。

6か月と1年のコースでEDビザを取得することが可能。料金については公式サイトには記載されておらず、問い合わせると確認することができます。2018年に調べたときには、他校よりハッキリと高めの設定でした。

チェンマイ英語留学④:Walen School Chiang Mai

Walen School Chiang Maiも、英語クラスのあるチェンマイの語学学校です。場所は、こちらもニマンヘンエリアにあり、学校自体は小規模。6か月と1年のEDビザを取得できます。

チェンマイ英語留学⑤:TES.English

TES.Englishは、日本人経営の日本人のみを対象とした英語学校。場所はニマンヘンエリアです。

EDビザの取得はできませんが、ロングステイビザや短期滞在ビザの保有の日本人向けで運営しています。またネイティブ講師によるレッスンだけでなく、日本人講師による英文法レッスンも行われています。完全初心者は、ここから始めてもいいかもしれません。

タイ・チェンマイでは英語留学以外でも、
ヨガ留学をはじめとする、様々なカルチャー留学が可能です。他にどんなものがあるのでしょうか。

いっしょに見ていきましょう。

ヨガをはじめとする、チェンマイで可能なカルチャー留学

タイでは、ヨガ留学をはじめとするカルチャー留学が人気。
なぜなら、タイでは観光が主要な産業だから。その延長線上として、カルチャー留学する外国人も増えつつあります。

タイで可能なカルチャー留学を見てみましょう

その①:ヨガ留学

タイのヨガ留学は、ヨガの専門学校に通うというよりは、ヨガスタジオに通ってレッスンを受ける感覚にちかいです。日本と同じく、ヨガ指導者を目指したい人向けのコースもあり、ここでは体系的にヨガについて学ぶことができます。

ただ、注意点としてレッスンはタイ語もしくは英語で行われるので、語学力に不安がある方は、このあと紹介する語学学校を併用してもいいかもしれません。

Yoga Teacher Training Thailand - All Yoga Training
Most comprehensive 200 Hour Yoga Teacher Training in Thailand since 2009. Free accom...

その②:ムエタイ留学

タイの国技である格闘技、ムエタイ。

ムエタイ留学という形で、ムエタイを学ぶことが可能。現実的には、どんなものかというとムエタイスタジオに通ってレッスンを受け、トレーニングをするというモノ。一応、ここで想定しているのはプロ向けではなく、アマ向けですので、ご了承を(;^ω^)

Muay Thai | Chiang Mai | The Camp Muay Thai Resort and Academy
The largest Muay Thai gym in Chiang Mai, Thailand. There are 4sets of 8m x 8m full s...

その③:語学留学全般

タイでは、タイ語留学はもちろんのこと、多言語の留学も可能です。英語、中国語、日本語などが学習可能と謡っている語学学校は実際に見かけました。

また、全世界に英語学校を展開しているWall Street Englishもタイ人以外の英語留学を受け付けています。ともかく、タイで語学留学できる学校は豊富です。

【2024年】バンコク英語留学は『生活コスト』との戦いです【5校紹介】
バンコク英語留学を考え中の人「バンコクで英語留学ができるらしい。物価も安そうだし、タイ料理おいしいし、なんか良さげ。だけど、セブ留学とかと比べると情報少ないし、日本語は...

その④:その他

タイで可能なカルチャー留学を探していると、いろいろな学校が見つかります。その中で「護身術」というのを発見しました。内容としては1年間のEDビザが取得可能、護身術を習いながらタイで暮らそうというモノでした。

https://chiangmaibuddy.com/visa-heaven/12-month-self-defence-ed-visa/

まだまだ、いろいろな学校が出てきそうです、興味のある方は是非タイカルチャー留学を深掘りしてみてください。

ビザなし?ビザあり?タイ留学のビザ事情


タイ留学においてビザは必要なのでしょうか。

その答えは『期間によっては必要』です。

3か月以内の留学であれば、ビザの心配する必要はないのかもしれません。しかし、3か月を超える長期間の就学となってくると、ビザ取得は避けては通れない問題となってきます。

タイの留学関連のビザ事情を見ていきます。

  • その⑴:ビザなし留学
  • その⑵:EDビザを取得しての留学
  • その⑶:正規大学への留学

その⑴:ビザなし留学

「ビザなし or 観光ビザ」で留学する場合は以下のとおり。

1か月まで ビザなしで滞在可能
2か月まで ビザなし+1回延長で滞在可能
3か月まで 観光ビザ+1回延長で滞在可能
4か月から EDビザ取得 or 一度出国して再入国が必要

3か月までなら、ビザは気にしなくてOK

こんな感じになります。3か月までの短期滞在でしたら、ビザについては気にしなくてもいいでしょう。ただ4か月以上の滞在を考えているのなら、少し考えなければなりません。

「EDビザ」を取得するためには、アナタが通いたいヨガ学校からのサポートが必要です。このサポートはタイの教育省から指定された学校のみが可能。公式サイトに、EDビザの取得サポート可能という記載がなければ、無理と考えたほうが良さそうです。

「ビザラン」って、大丈夫なんですか

4番目の「一度出国して再入国」という方法はビザランと呼ばれる手法。タイから周辺国のラオスやマレーシアなどに一度出国して、再びビザなしで再入国するというもの。

問題がある方法なのでは、、、と思うかもしれませんが、割と一般的です。筆者も、この方法を使ってタイに6か月ほど、問題なく滞在でできました。1年2年となってくると、どうなるのか分かりませんが、6か月程度であれば、この方法で大丈夫ですよ。

3か月以上の留学から、EDビザを取得することが可能になります。

その⑵:EDビザを取得しての留学

EDビザは、タイの語学学校などで勉強する外国人向けに発給されるビザです。最初に90日間の滞在が許可され、その後タイ国内で3回90日間の延長が可能。有効期限は最大で1年間。学校が作成したビザ申請書類を持って、タイ国外のタイ大使館で申請し取得することができます。

EDビザの取得方法についても【2024年】バンコク英語留学は『生活コスト』との戦いです【5校紹介】をご覧ください。詳しく解説しています。

【2024年】バンコク英語留学は『生活コスト』との戦いです【5校紹介】
バンコク英語留学を考え中の人「バンコクで英語留学ができるらしい。物価も安そうだし、タイ料理おいしいし、なんか良さげ。だけど、セブ留学とかと比べると情報少ないし、日本語は...

2018年3月~2019年4月:チェンマイ英語留学してみた

ここまでチェンマイで英語留学できる学校を紹介。
筆者は先ほど紹介した、『Pro Language School』という英語学校に1年間通っていました。

このときに、必要だった手続きを時系列でまとめています。これからチェンマイ英語留学を考えている人は、プラン作成に利用してください。

日時 内容
2018年2月 学校探し、問い合わせ
2018年3月 タイ入国、チェンマイ到着、学校で申し込みと支払い
2018年4月 EDビザ申請書類完成、ラオスのタイ大使館へビザ申請へ行く
2018年5月 英語学校で授業開始
2018年7月 3か月おきのEDビザ延長をイミグレションで行う
2019年4月 EDビザの有効期限のためタイ出国

まとめ:チェンマイ英語留学に必要な3つのモノ

ポイントをまとめていきます。

  • チェンマイで英語留学するのに、3か月までならビザは気にしなくていい
  • タイに4か月以上の留学なら、EDビザ取得可能な学校を探す必要あり
  • チェンマイではヨガなどのカルチャー留学も可能、護身術などもある

というわけで、今回は以上となります。

チェンマイ英語留学について語ってきましたが、一番大切なことがあります、、、それが下記です。

チェンマイ英語留学で最も大切なこと

英語なしでも生きていける、そして英語ありだと便利になる。

この記事を書いている筆者は、2021年時点で海外ノマド生活5年目です。実際、英語を集中して学んでいたのは最初の2年ほど。その後は、どちらかというと日本語メインで生活して、このブログを書いたりしています(^_^;)
.
どちらかというと内向的な性格なので、人と話すのはあまり好きではありません。なので会話力は初級に毛が生えた程度。しかし、本好きだったので、英語学習時は英語の本をたくさん読んでいました。しかも、投資やFXトレードが好きなので、これらのKindle本を重点的に、、、
.
日常にある英語は、基本的にむずかしい単語は使われていないので、慣れればそのまま読めます。しかも、ストレスなく…。しかし、日本語に比べると若干スピードが落ちるので、時間重視の時はGoogle翻訳を使います。

これが現時点での、筆者の英語力です。

チェンマイ英語留学は、インプットの場ではなく、アウトプットの場です。チェンマイには長期滞在している外国人も多く、FacebookをはじめとするSNSを使って簡単につながることができます。チェンマイに来る前に、ある程度英語学習しておくことをオススメします。

まずは手探りで行動 → 学校に連絡をとる

この手順が大切です。
というわけで、今から行動を始めましょう。

どちらにせよ行動しないと無理なので、先延ばしにする意味はないです。
ベストタイミングは常に「今」なので、ぜひトライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました