会社の登記簿謄本をオンラインで表示してPDFで保存する方法【登記情報提供サービス】




会社の登記簿謄本をPDFで閲覧したい

会社の情報がみっちり詰まっている商業登記簿謄本。

「登記簿の原本はいらないから、オンラインでさくっと閲覧したい」

「あわよくばPDFファイルで保存できないだろうか」

そんな願いを叶えたサービスがあります。

その名も

登記情報提供サービス

です。

今日はこいつの使い方をマスターしたので紹介しますね。

 

登録する

まずは使う前に登録から。

メニューとしては

  • 一時利用
  • 個人利用
  • 法人利用
  • 公共機関利用

がありますが、僕のような一般の個人の選択肢は前半の「一時利用」「個人利用」のいずれか。

できれば「個人」で申し込みたかったんですが、残念ながら個人利用の場合は登録までに1週間が必要。

ちょっとそこまで気長に待てなかったので、僕は一時利用で申し込むことに。

今すぐに、商業登記簿謄本を閲覧したい方は「一時利用」の「利用申込」を選びましょう。

登録には「名前」「電話番号」「メールアドレス」があればOK。

ただしこちらも「登記・供託オンライン申請システム」と同じく、営業時間が限られていて、

平日8時半〜21時

でしか使えませんのでご注意くださいませ。

 

メール認証

そしたら、登録したメールアドレスに「登記情報提供サービスの一時利用本登録のお願い」という件名のメールが届くはず。

こちらの認証URLをクリックすれば認証が完了。

 

ログインする

そしたら、こちらからログインページに飛んで、

IDとパスワードを入力。

IDはメールアに書いてあるもので、パスワードは登録時に自分で決めたやつですね。

ここで注意なのがログアウトしないようにすること。

「一時利用」の場合、なぜか1度ログアウトすると請求ができなくなるので、登録し直すことになります。

僕はこのトラップで再度登録せねばならなかったのでご注意ください。

 

法人を検索する

すると、マイページに遷移します。

ここであせらず「商業・法人請求書」を選びましょう。

検索手段は「法人番号」でも「法人名」でも構いません。

「全国から検索する」を選ぶとどこにある法人でも探すことができます。

 

マイページに登録

めぼしい会社が見つかりましたら、選択のチェックを入れて、マイページに登録。

すると、先程のトップのマイページに、会社のデータ行が追加されるはず。

 

 

請求する

気が済むまで会社をマイページに登録したら、あとは請求。

全てにチェックを入れて請求ボタンを押します。

 

支払う

ここでは料金は前払い。

クレジットカードで料金を支払いましょう。

「登記情報提供サービス」の「商業・法人登記情報」の場合、

「1通あたり334円」で請求できますね。

ただし、請求できるのは

全部事項証明書の履歴事項証明書の全部

に限ります。

ただ、手数料は法務局に行ったり郵送で取り寄せたりするよりも安いのでありがたいですね。

ちなみに、支払いはクレジットカードを使っていきますよ。

 

表示保存する

料金を支払うと、ステータスが「未請求」から「取得中」に変わります。

そして数分後に確認すると「請求済み」になります。

ステータスを更新したい場合は「最新情報を表示する」をクリックするといいでしょう。

 

ただ、気をつけたいのが

ここで初めて請求できるかできないかが判明する

ということ。

現在登記情報を変更中の法人の登記簿は請求できない場合があります。

その場合、ステータスが「エラー請求」と出てしまいますね。

「え、おれ金払ったんだけどな・・・・」

、と憤るのはまだ早いです。

請求できない書類分に関しては、ちゃんと除いて課金してくれますからね。

 

そしたら「請求済み」に変わったものをチェックして、右下の「表示・保存」を選ぶと、ブラウザ上でPDFのダウンロードがスタート。

これで登記簿謄本の閲覧、しかも登記簿をPDFファイルで保存できるのです。

 

法人の登記簿を閲覧するだけなら「登記情報提供サービス」おすすめ

以上が「登記情報提供サービス」の使い方でした。

検証の結果、

「登記情報提供サービス」は安くて早く、登記簿謄本を閲覧できるサービスです。

オンラインでデータをチェックできるのですこぶる早いのですよ。

そして、認証までの時間も早かったですね。

 

ただ、この方法では「登記簿を閲覧するだけ」です。

これを印刷しても原本にはなり得ません。

登記簿の原本には下の方に発行してくれた法務局の署名が入ったり、紋章が刻まれた特殊な用紙だったり、オフィシャルなものです。

しかし、今回ゲットしたファイルはあくまでもただの「会社の情報が記載された紙」ですので、オフィシャルな登記簿謄本ではありません。

オフィシャル版を取得したならば、

  1. 法務局に行く
  2. 郵送で送ってもらう

という方法がおすすめですね。ただ、法人の登記簿情報を閲覧したいだけなら「登記情報提供サービス」で十分です。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。