新型コロナウイルスの影響でトム・ハンクスになった話




ぼくが受けた新型コロナウイルスの影響

昨今、新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり、皆それぞれ、色々な影響を受けて、変化を余儀なくされていることでしょう。

僕の場合、ちょっと奇妙で特殊な影響を受けました。

それは、

海外に住んでいた家に戻れなくなる

という事態です。

2019年9月から中国で中国語の勉強していたのですが、12月末で一学期目が終わり、春節の春休みで2020年の1月から日本に一時帰国。

次の学期は2月中旬から再開する予定で、また中国へ戻る予定でした。

 

しかしながら、ご存知の通りそこから「世界の変わりよう」がえげつなかったのです。

2020年1月、僕が帰国した後から徐々にコロナウイルスのニュースが報道されるようになり、日本でも感染者数がポツポツと出始め、2月には日本での初の死者が出ました。

そして、クルーズ船「ダイヤモンド・プリセンス号」での集団感染などで徐々に一時帰国していた日本でも新型コロナウイルスの足跡がコツコツと迫ってくるのを感じていました。

一方、その頃、ぼくが住んでいた中国では世界一の感染者数の記録を連日叩き出していて、通っていた学校からも、

DO NOT RETURN TO SCHOOL

と、新しい学期が始まるまで絶対に戻らないでくださいと再三連絡が来ていました。

 

まだその当時は、日本の方が安全だったので、中国の状態が落ち着くまで日本で新学期が始まるまで待つ予定でした。

しかし、事態はそう簡単に収束せず、2月中旬だった新学期のスタート時期が3月1日に延長。

そして、3月になってからも事態は収まらず、ついにフェイストゥフェイスの通常授業は廃止され、オンライン授業のトライアルが開始されるに至りました。

 

その間、僕はホテル暮らしをしていて、日本をフラフラ彷徨っていたのですが、 3月になってもやはり事態は収束せず、先が見えない状況に。

そしてそうこうしている間に3月26日、中国政府はビザを保有している外国人の入国を一切禁止にしました。

これによって、どう頑張っても中国の家に戻れなくなってしまったのですね。

しばらく日本で事態の収束を待ちながらヒソヒソとホテルで生活していましたが、日本でも新型コロナウイルスの影響を避けられません。

4月に緊急事態宣言が発令され、そして6月まで延長。

もはや日本、いや、世界中で新型コロナウイルスの感染が広がってしまい、中国云々というレベルではなくなってきました。

仮に日本で新型コロナウイルスが奇跡的に収束したとしても、世界で何百、何千万という人々が感染しています。

こうなった今、さすがに中国の大学も世界中から留学生を集めるようなことは考えられないはしないだろうと思うようになりました。

 

ようやく、中国の家を諦め、日本に住む決心がついたのは7月になってから。

なんせ、ビザの期限が7月末までだったからですね。

中国政府がビザ取得者を奇跡的に受け入れたとしても、もう戻れなくなりました。

 

日本で住民票を入れるのは「1年以上日本に進む予定のある場合」に限りますが、ようやくしばらく日本に住む決心がつき、住民票を日本に入れることに。

まだ、住むところがホテルで「強制アドレスホッパー状態」ですが、実家に住民票を置かせてもらい、日本の居住者として日本へ戻ってこられたのです。

やはり、非居住者だと日本でのサービスが受けられず、不便なこと限りないですからね。

ようやく2020年1月から始まった長期の一時帰国状態に終止符をうったのです。

 

この状態はまさしく、映画『ターミナル』のトム・ハンクス。

この映画は、クラコウジア人のトムハンクスが主人公。

彼がクラコウジアからアメリカ行きの飛行機乗った直後、クラコウジアでクーデターが発生し、クラコウジア政府がいきなり消失してしまったのです。

アメリカのジョン・F・ケネディ空港に到着したら、トムハンクスのパスポートは失効していて、アメリカに入国できず空港に閉じ込められたのですね。

そして、空港に住むようになったトムハンクスというわけ。

 

ぼくの場合、中国から日本に一時帰国し、のんびりしていたらコロナウイルスの感性が広がり、そしてビザが無効になり、中国の家に帰れなくなって日本に閉じ込められました。

「母国に閉じ込められる」とかちょっとよくわかりませんが、これはトムハンクスとは逆のパターンですね。

いや、まだ日本に閉じ込められるパターンで良かったです。

もし、違う国で一時帰国中の休みは過ごしていたら、もうちょっととんでもない目に遭うところでした。

 

かつて住んでいた中国の家は現地に電話して引き払い、荷物は一応保存してくれるようなんですが、真相は定かでありません。

もしかしたら所有物は全てゴミ箱に捨てられたかもしれません。

かつて住んでいた家、および所有物はもう諦めるしかないっすね。

 

これからどうする

さて、海外移住を諦めてしばらく日本に住むことになりましたが、さてどうしましょうかね。

移住前にちきりんさんの表で人生を整理してみましたが、改めてこの状況でも整理してみました。

 

 

こうやってみると、

一時帰国が長すぎだろ!?w

って突っ込みたくなりますね。

なんせ、海外に住んでいた期間と同じぐらい一時帰国しちゃってますから。

 

今後、日本で何をしてどんなマスを埋めていきたいのか?

「日本でやりたいこと」を一時帰国中に色々考えてみました。

  • マイクロ法人の設立(ひとり会社)
  • 会計の勉強(あわよくば税理士の試験合格)
  • 資格などの学習系の電子書籍の出版
  • 動画制作の受注
  • アドレスホッパー生活
  • ビジネスIT系の資格を取得及び解説
  • 乗馬を習う
  • 金(ゴールド)を買う
  • 一軒家に住む
  • 海沿いに住む
  • スカイダイビングしてみる
  • エキストラしてみる
  • 競馬場に行ってみる
  • 競艇を見る

などですね。

 

そうです、もうコロナウイルスが蔓延する前のかつての夢は諦めて、方向転換する必要があるのです。

雨宿りしのタームは終わったのです。

僕らは雨が降っている中で走り続けねばなりません。

 

コロナウイルスの影響で大変な思いをしてきましたが、それと同時に、一時帰国中に色々な発見もありました。

今まで取り組めなかったプロジェクトに手がつけられたり、苦しみと同じくらい収穫もあったと振り返ります。

まさに雨降って地固まるですね。

こういう時だからこそ、まず現状を受け入れ、新しいことにチャレンジしていきたいです。

皆さんも大変だと思いますが前を向いて走っていきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。