Uber Eatsで「ずっと準備中」が出るときの対処法




 

東京に戻ってからUber Eatsにハマってしまい、毎日のようにUber Eatsで食事を注文する日々が続きました。

数をこなしただけあって、その中で「ヒヤリ」とするトラブルがあったのです。

それは、

注文してから「ずっと準備中」になっている

という事態。

注文を確定してお店が調理し始めたようですが、ずっと調理しているんですね。

 

おいおい!俺の唐揚げ大丈夫か?

 

と心配になってきました。

 

いつもならしばらくすると、準備中画面から切り替わり、配達パートナーが確定し、地図が表示され、配達が始まるはず。。

きょっ、今日はどこかおかしい・・・・

 

結局、50分ぐらい「準備中」の状態が続いてしまっていたのです。

あまりにも長すぎるので、キャンセルしたかったんですが、今キャンセルすると、僕の都合でキャンセルしたことになってしまうので、キャンセル料を払わなければなりません。

そこで痺れを切らして料理を注文したお店に電話してみました。

 

「あのUber Eatsで注文したものですが」

「あっ、こんにちは」

「ずっと準備中になってるんですけど、大丈夫ですかね」

「料理はできたんですけど配達の方が決まらないみたいで」

「なるほど、もうすぐ閉店ですよね」

「そうなんですよ、もしかしたら注文から60分たったら自動でキャンセルになっちゃうかもしれないです」

「えっ」

「そしたらキャンセル料はお客さんお持ちになるかもしれません」

「そ、そんな」

「あ、今、画面変わりました。配達の方決まったみたいですよ」

と言われて、Uber Eatsのアプリを確認してみると、確かにUber Eatsのアプリが動き出し、準備中がようやく終了したようです。

配達パートナーのかたがレストランに料理を受け取る画面になったのです。

結局、最も遅い配達予想時刻を5分ほど過ぎて食事が届きました。

 

 

ふう。

危うくキャンセルしたくないのにキャンセル料を取られるところでしたよ。

 

それでは、なぜこのように「ずっと準備中」の事態が起きてしまったんでしょうか。

分析の結果、

遠くのお店に注文してしまったこと

が要因として挙げられます。

 

今回、僕は「グルテンフリー」でお店を検索して注文しました。

お店のエリアは全く気に留めてなかったのですね。

新宿にいたのに池袋の店で頼んでしまったのです。

 

2~3駅ならどうにかなるだろうと思っていたんですが、この考えが甘かったですね。

おそらく、Uber Eatsのアルゴリズム的に、

「〇〇km以上離れた配達は自転車じゃなくて原付のパートナーに仕事を依頼する」

と組まれていたのでしょう。

 

そのため、母数の少ない貴重な「原付の配達パートナー」にしか仕事を依頼できず、なかなか配達パートナーが決まらなかった可能性があります。

実際、最終的に食事を持ってきてくれた救世主は自転車ではなくバイクに乗っていましたからね。

自転車では遠すぎる配達は、バイクの配達パートナーに依頼をしているんでしょう。

 

つまるところ、遠すぎる店でUber Eatsを注文してしまうと、なかなか配達できる人がつかまらない事態が起こり得るわけ。

このように、Uber Eatsではお店が遠すぎると面倒なことになります。

なるべく近めのお店を注文することをおすすめしますよ。

注文時に「配達予想時間」がわかるので、それを見ながらメニューを決めるのもいいですね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。