配達料を節約できる!Uber Eatsでテイクアウトする方法




 

Uber Eatsは注文した食事を届けてもらうデリバリーサービスです。

しかし、このUber Eatsにも「テイクアウト」、

つまり、お持ち帰りできる機能が新登場しました。

つまり、注文した食事を配達パートナーに運んでもらうのではなく、自分で取りに行くのです。

先日、物は試しとUber Eatsでテイクアウトしてみましたので、その方法と感想をメモしておきますね。

 

Uber Eatsでテイクアウトする方法

ウーバーイーツ でテイクアウトするなら次のステップを踏んでみてください。

 

「お持ち帰り」メニューに遷移

まずはテイクアウトの画面に遷移しましょう。

デフォルトではUber Eatsのアプリは「デリバリー」の画面になっていますからね。

お持ち帰り画面に行くにはトップ画面の「お持ち帰り」を選択しましょう。

ウーバーイーツ テイクアウト

 

店を選ぶ

すると、マップ上にテイクアウト対応のお店がずらっと表示されるはず。

ウーバーイーツ テイクアウト

お店マークをタップすると、店の情報が出てくるでしょう。

ウーバーイーツ テイクアウト

 

メニューを選ぶ

お店を決めたら、あとはメニューを選ぶだけ。

ウーバーイーツ テイクアウト

オーダーの仕方はUber Eatsのデリバリーサービスと同じですね。

メニューを選んで最後にトッピングなどを追加してオーダー完了。

 

料金を支払う

メニューを決めたら、料金を支払いましょう。

ありがたいことに、Uber Eatsのテイクアウトでは料理の値段だけ払えばよいのです。

つまり、デリバリーでかかってくる

  • サービス料(料理の値段の10%)
  • 配達手数料(店までの距離、配達パートナー数によって変動)

を節約できるのです。

Uber Eatsのメニューに書いてある値段だけが請求されますよ。

ウーバーイーツ テイクアウト
ちなみに、クーポンはテイクアウトだろうが使えました

 

食事を取りに行く

後はお店に食事を取りに行くだけ。

注文を確定すると料理が準備できるまでの時間が表示されますから、それを目安にお店に行けばいいんですね。

ウーバーイーツ テイクアウト

配達パートナーの代わりに自分で受け取りに行くので、まさに

セルフウーバーイーツ 、

ひとりウーバーイーツ

ってやつですね。

アプリ上でお店の位置と現在地を確認できるので、方向音痴の方でもご安心ください。

料理が準備できると、

ピックアップの準備が整いました

という通知が届くはず。

ウーバーイーツ テイクアウト

 

受け取る

お店に着いたら、食事を受け取りましょう。

アプリの注文詳細画面にある「注文番号」をお店の人に伝えると、食事を渡してもらいます。

ウーバーイーツ テイクアウト

受け取り違いを防ぐため、袋についている番号が一致しているか自分でもチェックしましょう。

ウーバーイーツ テイクアウト

 

ただし、です。

遅刻のしすぎに要注意。

あまりにも油断し過ぎて、受け取り時間から遅れてしまうと、Uber Eatsのアプリ上で受け取りが完了したことになり、地図が消失する場合もございますからね。

 

 

Uber Eatsのテイクアウトは必要とあらば利用しよう

以上、Uber Eatsのテイクアウト機能を使う方法でした。

ウーバーイーツ テイクアウト

テイクアウトにすると、自分で食事を受け取りに行くので、

  • 配達手数料
  • サービス料

を節約できます。

その分、デリバリーよりも安く済むのは良い点ですね。

それから、オンライン決済で支払えるので、受け取り時に現金でジャラジャラ支払うこともありません。

 

ただ、個人的にはテイクアウトはあまりオススメしません。

なぜかUber Eatsのテイクアウトを機能を使って「虚しさ」を感じてしまったのです。

おそらくその理由は、

Uber Eatsの食事メニューが実店舗で頼むより高めに設定されているからですね。

これはおそらく、お店側がUber Eatsへ手数料を見込んだ上で価格設定しているためだと思われます。

 

通常よりも高いメニューから食事を注文しなければならず、お得感はありません。

「なぜ自分は高いメニューにお金を支払っているんだろう」

と少し虚しさを感じてしまうかもしれません。

やはり、

「店まで行ったら店で食べてえええ」

ってなりますよね。

 

したがって、Uber Eatsのテイクアウト機能が生きてくるのは、

  • 誰かと別の場所で食べたいケース(自宅・会社など)
  • 店内を避けて感染予防したいケース

のいずれかでしょう。

ただ、人によって受け取り方は違うでしょうから、まだUber Eatsのテイクアウトを試していない方はチャレンジしてみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。