音声入力と1000円カットの類似点について




 

先日、音声入力でブログを書いていたら、ふと、

「音声入力でブログを書くって1000円カットと似てるなぁ」

と、

「音声入力」と「散髪」の共通点を見出しました。

 

それはズバリ、

80点の仕上がりを目指す

という点ですね。

 

音声入力で文章作成スピードが格段に上がり、短時間でアウトプットできるようになりました。

その手軽さゆえ、

書く前のクリティプレッシャーが薄まり、

うまく書けるかわからないけど、とりあえず書いてみる

ということが可能になったのです。

そういう心理事情もあり、音声入力で文章を書く時は「とりあえず80点」を目指しています。

 

なぜ100点ではないのかというと、音声入力で書いた文章には

  • 変換の誤字
  • 言い回しが書き言葉にそぐわない
  • おかしい句読点の位置

など改善の余地があるからです。

 

明らかに音声入力で出てくるアウトプットは、タイピングで書いた文章とは異なっていますね。

タイピングで文字を書くときは、ディスプレイと向き合って、時間をかけて文章を書いていました。

しかし、音声入力では、素早く書ける分、改善の余地がありありの文章が誕生するのです。

 

僕自身、80点でもいいので、音声入力で文章を書いてしまう派です。

100点満点ではない文章を1ヶ月寝かせ(放置して)、冷静になった頭でリライトする2段階体制をとっています。

リライトする段階で、音声入力で作った80点の文章を100点に近づけていきます。

 

これはまさに1000円カットと同じ。

僕自身、フリーランスになってから1000円カットデビューした身です。

会社員のときは、5,000円ぐらいする美容院で1~2時間ぐらいかけてカットしていました。そりゃ、100点の髪型になってモテて賞賛されたいからですね。

しかし、フリーになってから、生活費と時間を捻出するために1000円カットデビューしたのですが、

これが、まあ良いのです。

 

1000円カットは10~20分という超短時間で、100点、90点ではないものの、

80点の仕上がりに持っていってくれます。

美容院にいけば運が良ければ90点、悪ければ60点ぐらいになるギャンブル性はありますが、1000円カットでは必ず、

どのスタイリストさんに当たっても80点のヘアスタイルが誕生します。

80点のヘアを10分で作ってくれる1000円カットへの満足度はすこぶる高いです。

 

「えっ、でもそれじゃあ一生80点のヘアなんじゃね?」

と思うかもしれませんが、出来上がった80点の髪を高めるのは己次第。

セットして点数を高めるのも1つの手、時が経つのを待つのも1つの手です。

時が経つと80点らしさが目立たなくなり、90点カットの時と結果がだいたい一緒になっていきます。

そう。髪が伸びるのは早いのです。

 

このように、手軽に、かつ、素早く書けるのが「音声入力」ですが、誕生当時はもちろん、100点ではありません。

この記事も同様に、見切り発車で書いています。

おそらく、できたてホヤホヤ時は80点のクオリティーでしょう。

しかし、この文章を1ヶ月サーバー上で寝かせ、大衆の目に晒してから満を辞してリライト。

そこで、80点から90点、いや、100点に近づけていくのです。

 

音声入力の強みは、一旦「ベース」となる文書の塊を作り、改良を順次施していけることです。

もっと言えば、何事もなかったかのように文章をリライトできるWebテキストコンテンツの強みとも言えますね。

動画コンテンツだと、修正できず、撮り直すしかありませんから。

ブログを始めてみようと机に座ってみたはいいものの、なかなか書き出せない方は、

音声入力で80点の文章を書いていきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。