【徹底比較】文章作成に使える音声入力サービスのまとめ




音声入力サービスはどれがおすすめ??

音声入力で書き始めてから、早2年が過ぎました。

始めた当初は、

「音声で文章を書く?そんなバカな?」

と思っていましたが、今では音声入力がデフォルトスタンダード。

タイピングがだるすぎて、音声入力なしで書けなくなりました。

 

これはGoogleマップ、カーナビ無しでは旅行できなくなった現象と同じ。

圧倒的に不可逆な流れです。

1度利便性を知ったら、元には戻れないのです。

 

無料で使える!音声入力サービスの比較まとめ

今日はぼくが愛用しているおすすめの音声入力サービスを比較してみました。

 

Google音声入力

Image from Gyazo
精度
スピード
改行 ×
句読点 ×
記号 ×
対応言語 複数言語
デバイス スマホ・パソコン
OS iOS・Android・Windows・macOS

泣く子も黙るGoogleの音声入力サービス。

変換の精度、スピード、さらに対応デバイスにおいてもオールラウンダー。ほぼ完璧な音声入力です。

スマホだけではなくパソコンでもGoogleドキュメント経由なら使えるのでまさに至れりつくせり。

 

しかも、多言語対応。英語、中国語、韓国語・・・など様々な言語にもワンクリックで切り替え可能です。

欠点を強いてあげるならば「改行、句読点」に未対応なところですね。

Google音声入力単独で書くのは今のところ不可能であり、1000%手直しが必要。

ぼくは手直し込みでGoogle音声入力を使っていて、手直しのついでに句読点を挿入します。

文章を見直しながら改行し、それっぽい文章に仕上げています。

【関連記事】

 

 

Simeji音声入力

精度
スピード
改行 ◎(改行といえばその場で改行)
句読点 ◎(自動挿入)
記号 ×(びっくりマーク!、はてな?、はいける)
対応言語 日本語のみ
デバイス スマホ
OS iOS・Android

中国の検索エンジン大手Baiduが手掛ける音声入力。

どこでこんなに日本語のデータを入手したんだよ?とツッコミを入れたくなるぐらい素晴らしいサービスです。

圧倒的なのはその変換スピード。

しゃべった瞬間に文字が入力されるほどの速度を誇っています。

文字を吹き込みながら、画面に表示される文を見て書ける唯一のサービスですね。

 

しかも、「改行」といえば改行してくれる便利なコマンドも標準装備。

完全にハンズフリーで書けるのです。

さらに、句読点は自動入力ときています。

挿入のタイミングを考える必要すらありません。

 

唯一の弱みは、パソコンでは使えないことですね。

僕はAndroidスマホでSimejiを使ってEvernoteアプリに吹き込み、その文章データをPCに取り込むようにしています。

 

細かいところでいうと、固有名詞の変換に少し弱い気がしますね

「マック」と吹き込んだら「Mac」ではなく「マック」になります。

あと、中華圏のアプリだけあって、数字はすべて漢数字で変換されるので、手直しの面倒なところがあります。

ただ、この手間を考慮しても、変換スピードは素晴らしすぎて他サービスを寄せつけません。

>>詳しくは「Simeji音声入力の使い方」へ

 

Apple音声入力

Image from Gyazo
精度
スピード
改行
句読点 ○(まるといえば。てんといえば、)
記号 ○(数学記号、通貨記号、ありとあらゆる記号)
対応言語 複数言語
デバイス スマホ(iPhone)・パソコン(Mac)
OS iOS・macOS

Apple製品の iPhone、Macで使えるアップルの音声入力ですね。

macOSのパソコンや、iOSのiPhoneに標準装備されています。

スピード・精度は、これまで紹介してきたGoogle音声入力、Simeji音声入力におくれを取りますが、表現の幅が広さが魅力。これに関しては圧倒的です。

  • 改行
  • 句読点
  • 記号

など何でも声で入力できるので、音声だけで細かく記述できます。

それゆえに、音声入力後の手直しが少なくて済むのです。

 

デメリットは、Androidのスマートフォンや、WindowsのPCでは使えないことですかね。

あとは変換スピードが少し遅くて、文章を見ながら入力しにくいこともネックです。

それから、たまに逆流現象と呼ばれる「文章が消える悲劇」が起こります。

ただ、複数言語に対応していて、ワンタッチで言語の切り替え可能。

外国語混じりの文章ならアップルの右に出るものはいません。

>>詳しくは「MacBook Proの音声入力の使い方」へ

 

さあ、音声入力で文章を書いていこう!

以上、音声入力のサービスの比較でした。

今のところ、

  • 変換スピード
  • 精度
  • 改行のコマンド装備

という点から、Simejiの音声入力で書くようにしています。

各サービスがアップデートをしていくはずなので将来はどうなるかわかりませんけどね。

色々試して自分ぴったりの音声入力を探してみてください。

 

それでは!

Lin

 

お知らせ:音声入力で文章を書きたい方へ

ぼくが見出した音声入力で書くノウハウを1冊の本にまとめてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryで購読できます。

音声入力に興味がある方は良かったら手に取ってみてください。

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。