365日書き続けてわかった!音声入力でブログを執筆する6つのコツ


音声入力でブログを執筆するのは意外と難しい

どうも、Linです。サニタイズ、マストです。

 

2018年の1月に野口悠紀さんの音声入力についての本を読んでから、ブログ記事を音声入力で書くようになりました。

 

音声入力に目覚めてから1年以上が経過し、音声入力の魅力にはまってしまいすぎて音声入力以外では記事が書けなくなってしまった身となりました。

ほぼ全ての記事を音声入力のみで書いていますので、音声入力で記事を書いてるランキングでは結構上位に入れてないかなと思っています。

 

 

365日書き続けてわかった!音声入力でブログを執筆するコツ

今日はその音声入力で記事を積み上げてきた経験を生かし、

音声入力でブログを書くコツ

のようなものを書いておこうと思います。

 

コツ1. 固有名詞は一括置き換え

音声入力で記事を書いているとたまに、

入力しにくい固有名詞

というものが出てきます。

例えば、このブログのタイトル。

あろうことか「FREE SWORDER」というどう発音したらいいかわからない長ったらしいタイトルにしてしまったので、

音声入力ではとてもじゃないけれど正確に入力できないのです。

頑張って吹き込んでみても、

  • 降りそうだ
  • フリーソーラー

というちょっと変な名詞として入力されてしまいます。

 

そんな感じで吹き込みにくい固有名詞の場合はどうすればいいのでしょうか??

ぼくは

音声入力を確実にできる、がしかし、記事には含まないであろう凡庸な名詞

で置き換えて記事を書いて、完成後に一括変換するという方法を取っています。

 

例えば、このブログのタイトルの「FREE SWORDER」でしたら「学校」という名詞で置き換えて記事を書いてみます↓

この学校というブログは大変興味深く参考になるので、学校はお気に入りに入れておこうかな

そして、記事執筆後に文章を全選択して一括置換。

つまり、

  • 検索ワード:学校
  • 置換ワード:FREE SWORDER

というようにすればいいのです。

全選択はCntl + A、キーワード検索はCntl + FであとはGoogle ドキュメントのメニューかなんかで置換の画面を出してあげればいいですね。

Image from Gyazo

この通りに一括置換してやると、このような感じで音声入力で書けない特殊な固有名詞を含んだ記事の文章を作成することができます↓

このFREE SWORDERというブログは大変興味深く参考になるので、FREE SWORDERはお気に入りに入れておこうかな

 

このキーワードを一括で置換する方法を使えば、何も特殊な固有名詞だけではなく、

句読点の入力

にも応用できますね。

精度が優秀なGoogleの音声入力ではまだ句読点に対応していないので、いくら「まる」と言っても「。」と出力されません。

そのため、例えば、先ほどのように「学校」という名詞を句点の位置で入力しておき、

  • 検索ワード:学校
  • 置換ワード:。

としてやれば句点を挿入する手間を省けちゃいますね。

 

コツ2. アウトラインファースト

これは言わずもがなですが、

音声入力で記事を執筆する前に記事のアウトラインを作成しましょう。

アウトラインとは記事の設計図のようなもので、

  • メインのキーワード
  • 簡単な記事の構成

を考えます。

ブログ記事の場合だと、キーワードは「音声入力 ブログ コツ」。

あとはH 2 H 3と言った見出しのタイトルと、どのH2にどのH3要素をぶち込むのかという段落構成まで簡単に準備しておけばいいでしょう。

 

このアウトラインを実際に紙に書き出しておきます。

例えばこの記事だとこんな感じのアウトラインになりましたね↓( SONY の電子ペーパーに書いてみました

 

ブログ 音声入力 コツ

 

めちゃくちゃ汚くて正直見にくい、というより醜いですが、このアウトラインがものすごく重要。

ここで記事のクオリティの8割りが確定するといっても過言ではありません。

ブログ記事を音声入力で執筆するといはこのアウトラインの内容を見ながら音声入力をしていくことになります。

もちろん今もこのアウトラインを読みながらアウトラインを見ながら音声入力で記事を書いてますよ。

 

コツ3. 昼過ぎから夕方にかけて音声入力をする

後は音声入力をする時間帯も気をつけた方がいいですね。

音声入力が力を発揮するゴールデンタイムは、

昼過ぎから夕方にかけての分析的能力がさがり注意力が散漫になってくる時間帯

です。

詳しくは「Whenを意識したブログ執筆方法」を参考にしていただきたいのですが、音声入力で文章を書くのは0から1を作る「創造的な作業」になります。

この創造的な力を存分に発揮できる時間帯に行うのが望ましいです。

その創造に適した時間帯は、普通の朝方の人間だったら

昼過ぎから夕方にかけて徐々に脳が弱ってくる時間帯なのです。

この時間帯に音声入力で記事を吹き込むとぽんぽん言葉が出てくるような気がします。

 

逆に、朝から午前中は分析的能力・注意力が上がる脳が冴える時間帯ですので、こちらは音声入力で記事を書くのではなく、

音声入力でできた文章の塊を記事にしていく作業

をしています。

例えば、句読点をつけて文章を完成させたり、誤字脱字を修正したり、後は HTML のタグ付けをしたりのですね。

こういった作業は注意力が高い午前中に行った方が作業効率がよく、ミスを少なく遂行できるのでブログ執筆の作業を分割して効率よい時間帯に行なうといいです。

夜型の方は全部逆になるので頭が冴えてない「朝・午前中」に音声入力するといいでしょう

 

コツ4. 「出さないよりマシ」という精神で書く

音声入力で記事をかけるようになると、

記事化へのハードルが下がります。

これまでアホくさすぎて記事にしなかったコンテンツを記事にしてしまうということが起こり得ます。

しかも、誤字が含まれている可能性が多く、記事のクオリティは若干下がってしまうかもしれません。

そのため、これまでタイピングで記事を書いてきたライターは、音声入力で記事を執筆するとちょっと不安になるかもしれません。いろんな意味で。

 

が、そういう音声入力の不安に押しつぶされそうな時は、

記事を書かないよりはマシ

という精神で記事を書いてみるのがいいです。

「世の中に公開して何も生み出さないよりも出したほうがマシ」という精神で、音声入力で記事を書くことにしましょう。

0より1の方が絶対いいんです、と自分に言い聞かせるようにしましょう。

 

実はこの「出さないよりマシ」という精神は Facebook社にも掲げられている

Done is better than perfect.

というザッカーバーグの名言と大体同じ。

音声入力で一旦記事をDoneしてやる方がperfectな記事を作るためにウジウジしているよりもマシなんです。

 

コツ5. 1つの記事を2日かけて完成させる

音声入力で記事を書く前は一つの記事を1日で取り組んで完成させていましたが、音声入力でブログを書くようになってからスタイルが一変。

2日かけて記事を完成させるようになりました。

  • 1日目:記事のアウトライン考案&音声入力で吹き込み
  • 2日目:記事の塊を記事化(タグ付け、句読点挿入、誤字脱字の修正)

という感じですね。

このように2日間かけてあえて一つの記事を完成させることで、

効率のよい時間帯に効率の良い作業を行うことができる

という利点と、あとは

どこでも記事を書けるようになる

というメリットを享受できるようになります。

音声入力を使えばスマホさえあれば1日目の「記事の種を生み出」すという作業ができることになりますので、必ずしもパソコンがブログ執筆のために必要だということではなくなってきます。

詳しくは「音声入力でブログ執筆するメリット・デメリット」を読んでみてください。

 

コツ6. 誤字脱字をツールでチェック

あとは音声入力は誤字脱字が多めなので、

誤字脱字チェックツールを使って、自分が見落としてしまった過ちを発見するようにしましょう。

特に記事執筆直後は傍目八目状態になっていて、自分では間違いを発見しにくくなっていますからね。

ぼくが使っているのはこちらの誤字脱字チェックツール↓

これなら基本的な日本語のミスをいとも簡単に発見できるでしょう。無料で使えるというのも地味にありがたい。

 

 

さあ、音声入力でブログ記事を書いていこう!

という感じで、音声入力のコツを駆使すれば、まだ音声入力初心者の方でも簡単にブログの記事を音声入力で生み出すことができるでしょう。

音声入力により、

  • 手が疲れにくくなった
  • アホくさい記事まで世の中に出すようになった
  • 時間短縮になりインプットにより時間をさけるようになった

という利点があります。

音声入力でブログを書き始めたけどうまくいっていないという方は良かったら参考にしてみてくださいね。

Google ドキュメントで音声入力する方法がおすすめですよ。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる