電子マネー対応のコインランドリーならWASHハウスがおすすめ




 

 

ホテル暮らしていると、掃除の手間を省けますが、洗濯はやってもらえません。

そこで重宝するのが

コインランドリー

です。

 

洗濯から乾燥まで対応しているので、洗濯物を干す手間は省けます。

むしろ、コインランドリーのおかげで洗濯が楽しく思えるほど。

「コインランドリーがあって良かったなああ」

と思う今日このごろですが、一つ厄介なことが。

それは、

コインランドリーのために「コイン」を用意しなければならないこと。

 

コインランドリーは基本的に「100円玉」しか対応していません。

しかも、場所によっては両替機がありません。

そういう場合、近くの自動販売機に千円札を入れ、無理にドリンクを買い、コインを作り出さなければ、コインランドリーは使えないのです。

むしろ、一万円札しか持っていなかったらドリンクも買えずにゲームオーバー。

これはだるいですし、経済的損失を被っていますね。

 

そこで待ち望んでいたのが、

電子マネー対応のコインランドリー。

以前、中国に住んでいた時にWeChat Pay対応の洗濯機を使ったことはありましたが、日本では電子マネー対応のコインランドリーは見られず。

「まあ、日本は当分無理だろうな・・・・」

と祖国の未来に悲観的になっていました。

しかし、先日、電子マネー対応のコインランドリーを発見したのです。

 

その名も

WASHハウス

です。

こちらは全国的にチェーン展開するコインランドリーで、赤い看板が目印ですね。

2020年6月1日の時点で、

全国627店舗中620店舗が電子マネーに対応。

「ほぼ全ての店舗」が電子マネー対応と言ってもいいでしょう。

今日はWASHハウスで電子マネー払いする方法を紹介します。

 

WASHハウスアプリで電子マネー払いする方法

電子マネーでの支払い方法は、次の通りです。

 

WASHハウスのアプリをインストール

WASHハウスのアプリをインストール。

WASHハウスアプリ
WASHハウスアプリ
posted withアプリーチ

 

決済方法を選択

WASHハウスのアプリでは、

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • PayPay
  • アリペイ

の4通りに対応しています。

 

 

僕はPayPayを使ってみました。

 

スキャンする

洗濯物を入れたら、ドアを閉め、アプリで「利用する>ここをタップ」を選びましょう。

 

 

カメラが起動するので、マシーンのQRコードを読み取ります。

 

 

利用時間を決める

乾燥機の場合、乾かす時間を決めましょう。

 

 

確定すると、洗濯・乾燥がスタートします。

 

 

PayPayの場合、PayPay残高から支払われ、クレジットカード決済は使えません。

 

クレジットカードで払いたい方は、カード情報を登録するといいでしょう。

 

待つ

あとは待つだけ。

「稼働状況」で残り時間がリアルタイムでわかります。

 

従来ならば、自分の時計でタイム計測していましたが、WASHハウスならばその必要はないようですね。

 

洗濯物を取り出す

洗濯・乾燥が終了すると、スマホに通知がきますよ。

 

 

通知をみとったら、急いで店舗にいき、洗濯物を取り出しましょう。

 

 

WASHハウスのアプリを使ってみた感想

最後に感想を書いておきます。

 

遅刻しなくなった

WASHハウスを使い始めてから、洗濯物の取り出しに遅刻しなくなりました。

なぜなら、アプリで残り時間を確認できるからですね。

洗濯・乾燥が終わるタイミングを把握しやすくなりました。

これまで自分でタイムを計っていた時はついつい気が緩み、遅刻の常習者だったのですが、WASHハウスなら、無遅刻無欠勤です。

 

履歴が残る

多くのコインランドリーは現金払いで、レシートが出ません。

この性質から、「いつ洗濯したのか」という洗濯記録は残りづらい特徴があります。

しかし、WASHハウスで電子マネー決済すれば、しっかり記録が残ります。

「領収書一覧」を選ぶと、洗濯履歴を閲覧できるんですね。

これによって「うっかり洗濯しすぎ」は避けられそうです。

 

小銭がいらない

小銭を用意しなくていいのは助かりますね。

これまで、コインランドリーだけのために100円玉を確保してきました。

洗濯・乾燥に備え、財布に100円玉をあえて残していたのです。

しかし、WASHハウスのおかげで、100円玉をわざわざ溜め込まなくてよくなります。

スマホさえあれば、いつでも洗濯できるのですよ。

 

電子マネー対応のコインランドリーならWASHハウスへGO

以上です。

いやあ、素晴らしいじゃないですか、WASHハウス。

 

「あったらいいなぁ」を実現してくれ、洗濯・乾燥がもっと楽に、そして楽しくなってきました。

電子マネー対応のコインランドリーを探している??

そんな方は、全国620店舗が電子マネー対応の「WASHハウス」を利用してみてください。

 

それでは!

Lin

 




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。