WordPressテーマを変更したら503エラーで白くなった時の対処法


WordPressテーマを変更したら503エラーだと・・・・?

先日、新年フレッシュな気持ちになりWordPressテーマを変更することに。

選んだのはデザインのセンスが良くてカスタマイズ性のある有料テーマ【THE THOR(ザ・トール)】です。

 

がしかし、です。

最初はノロノロと動いていたものの、設定後2分で完全にフリーズ。

しまいには503エラー(Service Temporarily Unavailable)を吐き出して、どのURLにアクセスしてもうんともすんとも言わなくなってしまいました。

 

 

管理画面にログインもできなくてテーマも変更できないので「やべえどうしよう」と思っていましたが、こちらの神記事に遭遇して万事解決。

「FTPソフト」という強力なアイテムで、この苦境を乗り越えられたのです。

 

FTPソフトを起動する

まずはお使いのパソコンでFTPソフトを起動します。

FTPとは「File Transfer Protocol」の略で、FTPソフトとは

サーバーの中身をいじくれるソフトのこと。

このFTPソフトを用いてWordPressフォルダの中身を編集しちゃおうというわけ。

ぼくはMacなのでCyberduckというソフトを使っていますね。

 

テーマのフォルダを探す

そのFTPソフトを使って、エラーの原因となっているテーマのフォルダが格納されている場所を探します。

ズバリ、WordPressのファイルで

wp-content > themes

という階層にテーマのフォルダが収められています。

テーマを変更して、エラーの原因と思われるテーマを削除しましょう。

 

WordPressにログイン

この時点で503エラーは消えましたが、サイトにアクセスしてみると

真っ白!

もしくは

〇〇のテーマは存在していません

というエラーが出てしまいます。

 

 

ぼくは思わず天を仰ぎましたが、冷静になってWordPress管理画面にログインしてみましょう。

ドメイン名 / wp-admin

で管理画面を表示させてみてください。

 

テーマを変更する

無事にWordPressにログインできましたね?

そしたら、WordPressの管理画面のメニューから「外観>テーマ」と進んで、正常に動いていた変更前のテーマに戻してあげます。

すると、元通り復元するんじゃないですかね。

 

僕自身、人生で初めて

テーマ変更でWordPressがバグる

という事態にくそ焦りましたが、なんとかなりました。

FTPソフトで原因のテーマを削除してWPにログインするだけ

です。

 

ただ、やはり、このような事態も想定して

WordPressのテーマを変更する時はバックアップを取っておくといいかもしれません。

あと、新しいテーマと喧嘩しそうな厄介ならプラグインを無効化にしておくのもありです。

 

高いお金を出して購入した有料テーマ【THE THOR(ザ・トール)】はセンスがあって気に入っていたのですが、このブログでは使えそうにないですね。

おそらく、カスタマイズ項目がありすぎるのが要因かと。

びっくりするぐらいカスタマイズ項目があるので、それで逆に重かったのでしょう。

すでに運用暦の長い大きなサイトだと、情報量が増えて、データベースも複雑になっているのでエラーが出てしまったのかもしれません。

テーマ変更による同じエラーに苦しんでいる方は試してみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる