WordPressのコピーライトで大活躍!西暦を自動表示する方法


WordPress のコピーライトってどう書いてる?

どうも、Linです。シール、買います。

 

WordPress のサイトに是非とも入れておきたいのが、

コピーライト

ですよね。

コピーライトとは、Wikipediaによると

音声録音以外の作品の著作権表示に使用される記号

のことで、WordPresのサイトにこいつを記載しておけばブログやサイトが著作権の対象になるみたいですね。

できれば運営しているWordPress のサイトにも入れたいところです。

ベルヌ条約に加盟している国ではコピーライト表記をしなくても著作権は守られるそうで、昨今はほとんどの国でコピーライト無表記でも大丈夫みたいですね

 

僕自身、運営しているすべての WordPress のブログにのフッターにコピーライトを入れていて、

Copyright © + 西暦 + ブログタイトル . All Rights Reserved.

としています。

この表記方法は人気のWordPressテーマ「ストーク」から学びました

 

このコピーライトの記述を WordPress の footer.php の footer タグの中に書いておけば OK。

たとえば、こんな感じの表記になりますね↓

コピーライトの中の「ブログタイトル」にトップページへの内部リンクを仕込んでおけば、すべての WordPress のページからサイトトップにリンクを貼ることができるのでおすすめ。

サイトトップページのSEO 的評価を上げやすいというメリットもあるのでぜひ導入しといた方がいいですね。

 

 

WordPressのコピーライトの西暦は自動表示させよう

しかしながら、このコピーライトの

西暦の部分には要注意。

本当にその時の西暦を書いてしまうと、年があけたときに西暦だけ更新されないという悲劇が起こってしまいます。

例えば、2018と西暦を記入してコピーライトを書いておくと、2019年になっても

Copyright © 2018 ブログタイトル. All Rights Reserved.

と出てしまい、サイトが放置されていて管理されていないという印象を与えてしまう可能性もあります。

 

そのため、WordPress のサイトではこのサイトの西暦の部分は

PHP の関数で自動で表示させてやる

のがいいでしょう。

ずばりそのやり方は西暦の部分を次のように記述するといいですよ。

これでその年の西暦をリアルタイムで表示してくれるので、2019年にページを開けば2019、2045年なら2045と表示されるわけです。

 

西暦を自動表示してやると、さっきのコピーライトのコードはこのようになりますね↓

これならば大晦日を経て新年あけましておめでとうとなっても、サイトのコピーライトを更新する必要はありません。

PHP で自動で西暦を取得して表示してもらえるので、古臭いサイトの印象を与えることはありませんし、運営者の手を煩わせる必要もありません。

是非 WordPress のフッターにコピーライトを入れている方はこの西暦を自動で表示する方法を駆使してみてください。

 

それでは!

Lin

 

【参考文献】


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる