1分でDONE!WordPress向けファビコンの作り方と設定方法


WordPressのサイトでもファビコンは大事??

ウェブサイト制作で避けて通れないのが「ファビコン」です。

Wikipediaによると、ファビコンとは次のように書いてありますね。

ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称

ファビコンは元をたどれば

favorite icon

の略称。

IEのブラウザでサイトをお気に入りに追加する時にサイト側からファビコンの画像を取り組む仕様になっていたため、favorite icon、通称faviconと呼ばれるだったみたいです。

 

これまではファビコンというやつはサイトのタブに表示されたり、

お気に入りの画面でアイコンが表示されたりする程度。

どっからどうみてもサブキャラ、モブキャラ、その程度の存在だったんです。

 

がしかし、昨今、検索エンジンGoogleのアップデートにより重要性を増してきました。

詳しくは「グーグル検索結果ページの変化の対策」を読んでいただきたいのですが、このファビコンが検索結果一面に表示されるようになったのです。

つまり、この動きは、

ファビコンがサイトの権威性、知名度を象徴するものになってきた

と言えましょう。

ワードプレスでブログやサイト運営している方にとって、ファビコンは脇役ではなくもはや主役級。設定しないとサイトの象徴がなくのっぺらぼうとして検索結果に表示されちゃいます。

 

しかしながら、

ファビコンは1種のアイコン的なイラスト。

「絵心、センスのない奴はどうすればいいんだ・・・・・」

と頭を抱えている方もいるかもしれません。

ってことで、今日はサイト運営者なら誰でも簡単に作れるファビコンの作り方を紹介しますよ。

 

超簡単なファビコンの作り方

ファビコンの作り方は簡単です。

 

正方形を描く

まずは正方形をイラストレーターで書いてみましょう。

色はサイトのメインカラーでOK。

枠はあってもなくても構いません。

ファビコンのサイズは小さくても構いませんので

32 × 32ピクセル

で十分だと思います。

 

サイトの頭文字を書く

あとはその正方形の中に一文字書くだけ。

何を書けばいいかというと、ズバリ

サイトの頭文字

です。そして、色は白。

例えば、この「BANANA」というサイトならば頭文字は明らかにB。

どでかい「B」を白で正方形の上にポンと置いてやるだけ。

 

これで超簡単ですが、ある程度無難なファビコンが作れましたね。

この一文字のフォントは目立ちやすいようにゴシックがいいかもしれません。

 

拡張子はpngでいいでしょう。

 

サイトの頭文字をとって正方形の上に乗せるだけなので、サイトにタイトルさえついうていれば誰でもファビコンを作れますね。

 

 

WordPressでファビコンを設定する方法

ってことで、ファビコンを簡単に作れましたので、あとはWordPressで設定するだけ。

WordPressのテーマの中には既にファビコンの設定システムが組み込まれたものもあり、その場合は「カスタマイズ」から設定すればオッケーです。

例えば、OPEN CAGEの有料テーマではカスタマイズからこんな感じで設定できましたね。

もし、予め組み込まれていない無料テーマを使っている方は、

All in one Faviconというプラグインがおすすめ。

このファビコンの設定画面から「All in one Favicon」と進み、

ファビコンを

  • Frontend Settings
  • Backend Settings

の「PNG Frontend」にしてやると簡単にファビコン設定できています。

今後はこのファビコンがサイトの権威性を証明するものになってきて重要性を増してくるので、簡単に作ってでもいいので設定してみましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる