3分でわかる!エックスサーバーの独自 SSLで WordPressをhttps化する方法

Sponsored Link


エックスサーバーのWordPressサイトもhttps化したい!

どうも、Linです。走馬灯、みてます。

 

WordPress のサイトを運用するのに便利なレンタルサーバーのエックスサーバー

エックスサーバーには日頃からお世話になっていますが、このエックスサーバーで運用しているサイトもこれまでhttpで運用してきてしまっていたので、このサイトでも https 化を迫られることになりました。

今日はこのエックスサーバーでも独自 SSL 設定することで、 WordPress のサイトを https 化させることができましたので、忘れないうちに方法をまとめておきます。

 

エックスサーバーの独自 SSLで WordPressをhttps化する方法

エックスサーバーの独自 SSL設定は次の3ステップ。

 

Step1. サーバーパネルに移動する

エックスサーバーのアカウントには、

  1. インフォパネル
  2. サーバーパネル

の2つが存在していますが、今回はそのうちの「サーバーパネル」のアカウントにログインしましょう。

 

Step2. SSL 設定

そのサーバーパネルのメニューから「SSL 設定」を選びます。

今回SSL設定したいドメインをまずは選びます。

エックスサーバー https化

 

「独自 SSL 設定の追加」をクリックすると、ドメイン を選ぶところになりますので、

エックスサーバー https化

https 化したいサイトのドメインを選びましょう。

「CSR情報を入力する」のチェックマークは空欄で大丈夫です。

エックスサーバー https化

リングを選び終わりましたら「独自 SSL 設定を追加する」を確定させましょう。

 

Step3. ちょっと待つ

ここまででレンタルサーバー側のSSL設定は終了。

エックスサーバー https化

http で運用してきたサイトのドメインを、 https でアクセスすると繋がるつながることになります。

例えば、

http://freesworder.netならhttps://freesworder.netでもアクセスできるようになるわけです。

が、ちょっとこれには時間が必要で30分から1時間ぐらいしないと独自 SSL の設定がされないのでちょっと待つことにしましょう。強引にアクセスしてみると次のようなエラーが出てしまいますからね。

僕の場合、だいたい1時間ぐらいになった後にアクセスしてみたら https で接続することができましたね。

 

 

これでサーバー側の設定は完了です。

WordPress の http 化の手順としては

  1. サーバー側の設定
  2. WordPress 側の設定
  3. 外部サービスの連携設定

という3段階にわかれていまして、そのうちの1段階が終了したことになります。

後の手順はどのレンタルサーバーを使っていようが同じになりますので、この前まとめた「WordPress サイトをhttps 化する手順」という記事を読んで残りの

  • WordPress 側の設定
  • 外部サービスの連携設定

も進めてhttps化を実践してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

新卒で入ったネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いしている


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる