効率がアップする!仕事に集中できる音楽・作業用 BGMのおすすめ


仕事中に音楽を聴くと集中できる??

どうも、Linです。骨盤、躍動してます。

 

仕事をしているとたまに音楽を聴きたくなりますよね??

何を隠そう、僕もフリーランスになってからだいたい一人、いや、常に一人で作業しているので、その間は音楽を聴いて集中力をあげようとすることがあります。

そんな音楽に耳を傾けながら孤独に向き合う生活をかれこれ3年ぐらい続けてしまっていますね。

今日はその「仕事中に聴く音楽」ということ行為を改めて自分の中でも振り返って、

どういう曲がこれまでに仕事に集中しやすかったか??

を書いておこうと思います。

 

 

仕事に集中できる音楽・作業用 BGMは??

仕事中にきく音楽で個人的におすすめなのが、

母国語の情報を持たない音楽

です。

 

例えば僕の場合、日本語が母国語なので、日本語の曲はきかないようにしています。

なぜなら、

日本語の歌詞の音楽を聴いてしまうと、歌詞の意味に意識を持っていかれるからです。

試しに「ガンダーラ」を聴きながら仕事してみましたが、歌詞から砂漠のイメージが湧いてきてしまうではありませんか。

民が喘ぎ苦しみながら働く貧しい国がどうしても頭から離れません。

 

そのため、何を言っているかわからない洋楽や、全く意味不明な言語の歌、ただの音などを聴くようにしていますね。

そんな日本語の情報を持たない音楽でおすすめなのが次の4種類です。

 

シャッフルダンス

朝一番の立ち上がりの時はテンションがあがりませんよね?

そん時はノリノリの EDM の洋楽がおすすめ。

テンションを一気に引き上げることができます。

 

中でもおすすめなのが、

シャッフルダンス(Shuffle Dance)

と呼ばれるEDM のジャンルです。

Wikipediaによると、

1980年代のイギリス、1990年代のオーストラリアのメルボルンで流行った種類で、EDMの音楽に素早い爪先やかかとの動きで表現するダンスのこと

だそうですね。

シャッフルダンスのEDMはテンポが良く、何回聞いていても飽きないように複数の楽曲をマッシュアップしてくれていて、作業用BGMとして最適です。

たまに美女のダンスを眺めてぼーっとするのもアリですね。

 

Chill Out

しかしながら、ビートを刻みすぎると聴き疲れしてしまう時があると思います。

そんな時は

Chill Out

というクールで穏やかな EDM をおすすめします。

Chill OutとはWikipediaによると、

チルアウトは、電子音楽の作曲者により生み出された、比較的陽気でスローテンポなさまざまな形式の音楽を表す包括的な言葉

だそうで、

ダンスフロアにいる客たちにダンスで火照った体を休め、落ち着かせる機会を与えるためダンスフロアの端にしつらえた落ち着いた(Chill)部屋で流される音楽

が元になっているようです。

シャッフルダンスでほてりすぎた体と脳を冷やしてやろうではありませんか。

 

映画のサントラ

個人的に映画が好きなので、お気に入りの映画のサントラを聴いたりします。

多分アニメ好きがアニソンを作業用BGMにする現象と同じだと思います。

 

サントラを仕事中に聴くことで、楽しかった映画の世界観に浸りながら仕事に取り組むことができ、

半分仕事、半分現実逃避

という程よいバランスでトランス状態に入れるでしょう。

 

たとえば、

  • ララランド
  • グレイテストショーマン
  • グリンチ
  • シュガーラッシュ
  • ベイビードライバー
  • ジュリエットからの手紙
  • ボエミアンラプソディ
  • 私に会うまでの1600日
  • プロミストランド

などを最近きいていました。

洋画の映画のサントラなら日本語の情報は0。

歌詞に意識を取られずに済むのでおすすめです。

 

不規則な雑音

しかしながら、音楽をずっと聞いていると耳が疲れ、

これ以上音楽を聴きたくない

という境地に達すると思います。

 

そんな時は、

不規則な雑音

をおすすめします。

僕は個人的に、

雨の音

を作業用 BGM で使うことがあります。

 

雨の音以外にも火の音、

 

 

せせらぎと小鳥のさえずり、

 

などがあります。

音楽に疲れてしまった時は良かったらきいてみてください。
 

さあ、音楽を聴きながら仕事しよう!

という感じで、集中力仕事の効率を上げたいという方は、

母国語の歌詞を含まない音楽や音

などを聞いて作業してみるといいかもしれませんね。

これらの音楽はYouTubeにたくさん音源が上がっていますのでそこで探すのもありです。

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる