Xcode10でライブラリペインが表示されない時の対処法


Xcode10ではある異変が??

どうも、Linです。銀座、デビューです。

 

TECH::CAMPの iPhone コースで 4ヶ月間アプリ開発を学んできましたが、それ以来完全に放置。

まったくXcodeを触らない日々を過ごしていました。

しかし、このままでは金をドブに捨ててしまっていることになり得るので2019年はiPhoneアプリ開発の勉強も再開することにしたのです。

 

早速、「作って学ぶ iPhoneアプリの教科書」という本を読み始めたのですが、久しぶりに触ったXcodeの「ある異変」に気付きました。

それは、

UI部品を取り出していた右下のウィンドウがいない

ということ。

テックキャンプでも当然のように使っていた 右下のあいつ。

一体どこにいってしまったのでしょうか??

 

「作って学ぶ iPhoneアプリの教科書」によると、あの場所はライブラリペイン(Library pane)という名前がついているらしいのですが、どこを探しても見当たりません。

ストーリーボードを何回開いても右下のライブラリペインが見えない歯がゆい状態が続きました。

 

iPhoneの教科書でも右下にあるみたいですし、テックキャンプでも右下から引っ張ってくる練習していましたし、

「これは一体どうなっているんだ」

ということです。

 

 

Xcode10でライブラリペインが表示されない時の対処法

困り果てたのでググってみますと次の神記事に遭遇↓

 

この記事によると、

Xcode のバージョン10では、ライブラリペインが別の場所に移動されていたようです。

メインストーリーボードを開くと、右上にこのような四角が丸に囲まれたアイコンがありませんか?

そう、コイツですね↓

これをクリックすると、以前と同じように UI 部品を検索できるのです。

例えば、「Button」と検索していれば 、UI 部品のボタンが簡単に探すことができて、

ドラッグ&ドロップしてしまえばstoryboard上にいとも簡単に設置できるではありませんか。

Image from Gyazo

 

Xcode10にアップデートしても9の時代と同じようにUI部品をストーリーボードに設置できるわけですよ。

僕と同じようにXcode 10でライブラリペインを見失っている方は、右下ではなく右上に注目してみましょう。

きっと、丸に囲まれた四角があるはずです。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる