【ゆうゆうメルカリ便】厚さオーバーで返送された時の対処法〜ローソンを舐めないほうがいい〜




 

先日、いつも通りに読んだ本をメルカリで出品し、本が売れました。

早速、ローソン経由のゆうゆうメルカリ便で発送したところ「あるトラブル」に見舞われました。

それは、

厚みのサイズオーバー問題です。

 

ご存知の通り「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット/ゆうパケットポスト)」では、次のサイズの上限が定められています。

ゆうパケット/ゆうパケットポスト
(A4サイズ・厚さ3cm以内)
アクセサリー、書籍、薄手の衣類などに
※ゆうパケット:3辺合計 60cm以内(長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1kg以内)、ゆうパケットポスト:専用箱で郵便ポストに投函可能なもの(重さ2kg以内)
※ゆうパケットポスト専用箱は別途購入65円(税込)
※郵便局、ローソン、セリア、メルカリストアにてお買い求めください

 

今回、僕が送る予定の書籍はプチプチなしの生の状態で厚みが3 cm弱。

プチプチを付けたら、若干膨らみ3.3 cmの厚みになりました。

 

厚みが規定を少しオーバーしまいましたが、まぁ3mmぐらいなら許してもらえるだろう、とゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット/ゆうパケットポスト)で送ってみたんです。

しかしながら、そう世間は甘くないみたいで、送った4時間に発送元住所に返送されてしまったのです。

ぐう・・・・・・・!

さあ、こうなると大変です。

 

【ゆうゆうメルカリ便】厚さオーバーで返送された時の対処法

「ゆうゆうメルカリ便」の送り状は再利用できず、新たな方法でまた送らなければなりません。

メルカリの公式ページによると、対処法は次のように書いてあります。

サイズオーバーで商品が手元に戻り、再発送する場合は以下に沿ってご対応ください。

  1. 状況をお伝えし、メルカリ便以外で再発送することに合意する
  2. 匿名配送で購入者の住所が表示されていない場合、 取引メッセージで再発送先を確認する
  3. 商品を再度梱包し、再発送を行う。到着したら評価にて取引を完了させる

らくらくメルカリ便/ゆうゆうメルカリ便をご利用の場合、再発送にメルカリ便のご利用はできません。
取引メッセージは取引相手以外に公開されることはありません。
配送方法の詳細はこちらをご参考ください。
サイズオーバーで返送後、再発送いただき取引完了となる場合、ゆうゆうメルカリ便の送料が販売利益より差し引かれた際は、送料をお戻しいたしますので、事務局までご連絡ください。
商品を発送する際は、梱包した状態のサイズを計測し、お手続きをお願いいたします。

 

取引相手に連絡する

つまり、サイズオーバーで送って失敗したことを詫び、別の方法で送るしかないことを伝えねばなりません。

これが意味することは、

匿名で送れなくなったので、相手に「名前」と「住所」を聞いて再発送しなければならない、ということ。

何とか避けたいトラブルですが、こうなってしまった以上、僕らに選択肢がありません。

申し訳なさを出しつつも、相手から住所と名前を聞き出すことにしましょう。

 

送り直す

そして、残念なのが、ゆうゆうメルカリ便がもう一度使えないことです。

つまり、先に払った配送料200円は水の泡になってしまうんですね。

そして、2回目のゆうゆうメルカリ便は使えないので、別の方法で商品を送らなければなりません。

厚み3センチを超えた場合、いくらで郵送できるかはわかりませんでしたので、とりあえず郵便局に行ってみました。

すると、

  • 普通郵便(重量制)
  • レターパックプラス(定額520円)

の2通りの方法があることを告げられます。

 

前者の普通郵便の場合だと、僕の書籍は重い関係で710円の送料。

一方、レターパックの場合は520円で送れるようでした。

しかも、レターパックプラスには「追跡機能」もついているとのことだったので、レターパックプラス 520円を選択。

 

結果的に、520円のレターパックの送料と、無駄になったゆうゆうメルカリ便の送料200円が合わさって、

合計720円の送料がかかってしまったのです。

送料が膨らんだ分、粗利が減ってしまいますから、これは悔しいところです。

 

ゆうゆうメルカリ便はサイズオーバーに要注意!

というわけで、ゆうゆうメルカリ便でサイズオーバーすると、いろいろ厄介です。

  • 相手に名前と住所を聞かなければいけない
  • 自分の名前と住所も相手にバレる
  • 総量が増える
  • 精神が消耗する

など、よくないことがたくさん起こるでしょう。

ローソンを経由した場合、厚みのチェックが行われませんが、油断は禁物。

ローソンでも郵便局でも厚みオーバーに注意してメルカリライフを楽しみましょう。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。