ゆうゆうメルカリ便で厚み3cm以上の物体を送る方法【専用箱を活用せよ】




 

ゆうゆうメルカリ便は便利で安心。

 

売上から送料を引いてくれるので別途送料の支払いはありません。

何よりも「匿名取引」が最大の特徴で、個人情報を知られずに済みます。

ゆうゆうメルカリ便があるからこそ、老若男女安心して取引できるのです。

しかも、宛名記入の手間も省けるので、作業の時短にも繋ります。

 

が、しかし、そんなありがたや「ゆうゆうメルカリ便」にも1つだけトラップが・・・!

それは「商品サイズ」。

特に、

厚み

にご注意ください。

 

ゆうゆうメルカリ便は下記の種類があり、サイズというか「厚み」で発送方法を変えねばなりません。

種類
サイズ
料金
ゆうパケット/ゆうパケットポスト 長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1kg以内 全国一律
200円(税込)
ゆうパケットプラス 厚さ7cm以内・重さ2kg以内 全国一律
375円(税込)※専用箱は別途65円(税込)
ゆうパック 60サイズ〜100サイズ・重さ〜25kg 60サイズ:700円
80サイズ:800円
100サイズ:1,000円

厚みは非常に厳格なもので、1mmでもオーバーするとアウト。

厚みオーバーにもかかわらず、違う配送方法で送ると大変な目に遭うのです(← 体験談より)。

 

 

ゆうゆうメルカリ便で3cm以上の物体を送る方法

上記の通り、厚み3センチを超えたら「ゆうパケットプラス」で送らなければなりません。

今日は、その「ゆうパケットプラス」での発送方法を後世のために紹介します。

 

郵便局へ行く

厚みが3センチオーバー?

そんな時は郵便局へLet’s Go。

厚みギリギリの際にはローソンではなく、郵便局で最終ジャッジメントを仰ぐのが賢明です。

郵便局に行けば、厚み3 cm以内か現場でチェックしてもらえます。

上のような枠に商品を通し、通れば「ゆうパケット」、通らなければ「ゆうパケットプラス」いきが決定します。

 

今回、ギリギリ厚み3cmジャストの商品を発送する予定でしたので、あえて郵便局に出向きました。

職員が商品を通したところ、枠を通る気配がありませんでしたが、わたしは諦めきらめきれず、

「ちょっと試してみていいですか」

と自分でも検証させてもらいました。

がしかし、無理でしたね。

枠が「3 cmぴったり」に設計されているため、どの角度から押し込んでも通りません。

もちろん、「プチプチを剥いで厚み3センチ以内にする」という最終手段もありました。

しかし、生で発送すると商品ではなく良心が痛みそうだったので、おとなしく「ゆうパケットプラス」に切り替えることに。

 

箱を購入する

ゆうパケットプラスでは「専用箱」が必要です。

ゆうゆうメルカリ便 専用箱

自前の段ボール箱では送れません。

この専用箱は全国の郵便局に置いてありますが、すべてのローソンには置いていない点、ご注意ください

これが「厚み 3cmギリギリなら郵便局へGO」と言われる所以です。

 

ただし、この専用箱にも限界があり、以下のサイズまでしか中に入りません。

長さ24cm、幅17cm、厚さ7cm以下・2kg以下

さらに質量の制限は 2 kg。

小型でも重すぎる物体は送れません。

箱に収まらない場合、もう1つ上の「ゆうパック」で送ります。

 

バーコードを印字

発送予定の商品が、専用箱に入りそうならば、いつも通りバーコードを印字。

アプリに表示された二次元QRコードをリーダーで読み取ってシールを発行。

これを専用箱の表面に付着させ、窓口で箱ごと引き渡せば発送完了です。

 

 

発送料金はどれくらいなのか?

今回のような

厚み 3 cm 以上 7 cm未満

の場合、ゆうパケットプラスの発送料金は

箱代 + 発送料

= 65 円 + 375円

= 440円

です。

厚み 3 センチ未満のゆうパケットよりも240円高い計算。

ただ、この発送方法では「専用箱」を使うため、封筒代を節約できます。

封筒代を20円とすると、ゆうパケットより「220円高い」ともいえるでしょう。

 

さて。この220円の差額を安いと見るか、高いと見るか。

わたしとしては、

厚みで無理をせず、ゆうパケットプラスへの切り替えをおすすめします。

なぜなら、過去に失態を犯した過去があるからです。

なんと、厚みオーバーで商品が自宅へ返送されてしまったのです!

そのこともあり、厚みギリギリならばローソンで送るのはリスクが高いと考えます。

郵便局でサイズチェックを経て、送料の差額に合意し、急がば回れ精神で確実に発送しましょう。

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。