納税管理人を定めた場合の確定申告書類の書き方




納税管理人を定めたときの確定申告書の書き方は?

初めて納税管理人を定めた場合の確定申告に挑戦することになりましたが、迷うのが確定申告書類の書き方。

それも冒頭のここですね↓

自分の住所、名前、生年月日などを書く「確定申告書類の顔」とも呼べるパート。

非居住者の確定申告の場合、どこを住所にするのか?納税管理人の情報をどこに書くのか?海外の住所はどこに書くのか?と気になるほどがたくさん出てくるではありませんか。

しかも、国税庁が発表している公式などはどこにもなく、自分で探し、自分でケリをつけるしかありませんでした。

なんとか先駆者の情報をググりまくってこちらの記事たちを参考にし、納税管理人を定めた場合の確定申告書類の書き方を模索してみました。

その結果、次の記入方法に落ち着きました。

 

納税地の住所

まずは左上の住所の欄には「納税地の住所」を書きます。

ここでいう「納税地」とは、納税管理人をおいた場合の納税地のこと。

僕の場合、国内の事務所もないし、親族がかつての住所に引き続き住んでないし、不動産所得ななかったので、かつてて住んでいた住所を納税地として、そこを所轄する税務署に所得税を納めることになりました。

決して、納税管理人の住所ではないのでご注意ください。

 

納税先の税務署

それから左上の「税務署名」ですね。こちらは先程記入した納税地の住所を所轄する税務署の名前を書きます。

四谷が納税地なら四谷の税務署です。

納税管理人に定めた方にはこの税務署へ確定申告書類を出してもらうことになりますよ。

 

納税管理人の住所

その下へ納税管理人の住所を書いていきます。

住所を書く前に

納税管理人住所

と記載しておくと、納税者の納税地と区別が付きやすいですよ。

 

海外の住所

そして、納税者が1月1日の時点で住んでいた海外の住所を記入します。

 

マイナンバー

続いて、マイナンバーの記入欄ですが、海外に転出して日本の非居住者になると、マイナンバーカードが失効するので未記入でいいでしょう。

 

本人の名前

ここは自分の名前、あとはフリガナをふっておきます。

 

職業

ここは開業届けで出したときの職業を書けばいいですね。

 

性別と生年月日

ここはもちろん、自分の性別と生年月日を記入します。

 

納税管理人の名前

納税管理人の名前は、屋号に書きます。

場所はちょっと迷いましたが、税務署から送られてくる確定申告書類の種類の屋号の場所へ納税管理人の名前が記載されていたので、それに従うことにしました。

 

世帯主の氏名

これは自分の名前ですね。

 

世帯主との属柄

ここは「本人」と記入しましょう。

 

電話番号

海外で電話番号を持っている方は、こちらを国番号付きで書いておくといいでしょう。

 

印鑑

最後は名前横の印鑑ですが、こちらは納税管理人の印鑑が必要みたいです。

確かに、海外に住んでいるならば自分の印鑑を書類に押せませんからね。

 

と以上を踏まえて作成した記入例がこちらです。

うん、色々考えましたが、これでいいんじゃないですかね。

数学の問題のように正解がありませんので正確さは定かではありませんが、模範解答には近づけたと思っています。

 

 

クラウド会計ソフトfreeeではどうするか?

ここまで記入方法はわかりましたが、納税管理人おいた場合の確定申告は普通とは異なり結構トリッキーに項目を記入していきます。

クラウド会計ソフトfreeeで質問に答えるだけで確定申告をしていた方はやり方を変えなければなりませんね。

 

クラウド会計ソフトで納税管理人を置いた場合の確定申告に対応するなら、ちょっと工夫が必要。

「確定申告書類作成」から「直接入力編集」と進んで、

 

 

確定申告書類の各情報を自分で自由に編集していばどうにかなりそうです。

 

 

よかったらfreeeも試してみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。